ベトナム最大の商業都市、サイゴン(ホーチミン)を1日で巡る

ホーチミンはベトナム最大の商業都市

ベトナム南部の都市、旧名サイゴン、現在はホーチミンと呼ばれる有名な都市です。
いずれ今まで訪れた場所ランキングでも発表しようかと思いますが、ここホーチミンは個人的に言ってとても魅了された場所になりました。

ホーチミンはベトナム戦争が終結するまでサイゴンと呼ばれていましたが、ベトナム共産党政府の指導者、ホーチミンに因んで1975年にホーチミンシティという名に変わります。現在人口は700万人を超え、商業としてだけでなく日本学校、アメリカ人学校や朝鮮学校など国際的な教育施設も多数あり、ベトナムにとってビジネス、教育など様々な分野において重要な都市となっています。

ダナン空港からホーチミンへ

ダナン空港からホーチミンまではおよそ2時間強。

ホーチミン国際空港に着くと時間は0時頃でした。
空港からゲストハウスが多くあるデータム通りまでは意外に遠く、車でおよそ20~30分ほどかかります。
しかもこの時間なのでタクシーを利用するとめちゃくちゃ高いです。記憶は確かではありませんが、スタート料金ですでに200000ドン(1000円)ぐらいからなので市街に着くころには2000円ぐらいかかるのではと思います。
幸い僕はスーツケースなどなく、バックパックのみでしたのでタクシー乗り場から少し離れた場所のローカルなバイクタクシーに連れてってもらいました。料金は100000ドン(約500円)です、バイタクでこの値段はかなり高いのですが時間も時間ですしタクシーよりは割安なのでこちらを利用しました。
スーツケースの場合はタクシーを利用するほかありません。

データム通りに着く頃には深夜の1時を回っており、門を閉めるゲストハウスも増えてきます。つまり、売れ残った(部屋の空いている)ゲストハウスに入るしかありません。
僕はこの日はもう寝るだけだったので1泊3$のドミトリーに泊まりました。
たまたま入ったゲストハウスでしたがサービスがよく、レセプションのお姉さんがバスの手配や荷物番などいろいろ尽くしてくれたのを覚えてます。

デパート、お洒落なお店など魅力溢れるぶホーチミンの街

ホーチミンの滞在はわずか2日でした。これが実に勿体なかったことをホーチミンに着いてから感じます。何故なら戦争博物館などの歴史的建造物だけでなく、ドンコイ通りに見られるような大小さまざまなショップが立ち並ぶショッピングスポット、さらには国内トップクラスの大学であるベトナム国家大学ホーチミン市校などの教育機関も有し、これまでの旅の集大成を飾るにふさわしい場所だったからです。
この弾丸とも不発とも呼べる短い滞在の中で、僕が回ったのは戦争証跡博物館、統一会堂、ドンコイ通り、そしてサイゴン川の見物のみでした。

やはりここにはもう一度来なければ!という思いにさせられました。

それでも訪れた各所ではベトナムの空気を微小ですが感じることができたのではないかと思います。

戦争証跡博物館

まずはここ、戦争証跡博物館。データム通りからは20分ほど離れているため、バイタクで行っても200円~500円ほどかかります。まさにバイタクの運ちゃんとの交渉次第です。ちなみに僕はバイタクやお土産店での値切り術をすっかり身につけていたのでこの時も20000ドン(約100円)ほどで行ったと思います。

戦争証跡博物館

入場料:15000ドン(750円ほど)※日本語のパンフレットがもらえます。
開館時間:7:30~12:00, 13:30~17:00  

 

ベトナム戦争が終結した1975年からすぐに開館された、ベトナムの負の歴史の凝縮の場所です。
ベトナムの南北統一を巡ってアメリカ側である南ベトナムと、ソ連・中国の共産主義による支援を受けた北ベトナムによるこのベトナム戦争は実にベトナム国内だけで200万人近い死者を出しました。このような戦争の悲劇を二度と繰り返してはならない、今後絶対にこのような犠牲者を出してはならない、そういった思いを込めてベトナム戦争に関連する写真や資料を展示している場所がここ戦争証跡博物館になります。
建物の入り口には当時使用された戦車や飛行機が展示されています。
こういう場所でついつい「戦車かっこいい」と思ってしまうのは男子たる宿命なのか己の未熟さなのか・・・

 

建物内は広々としており、沢山の展示物があるので見学には十分な時間を取ることをお勧めします。
僕も沢山写真を撮りましたが、写真よりも実際の目で見たほうが一層感じるものも多いのです。

時間切れでは入れなかった統一会堂(旧大統領官邸)



博物館から歩いて10分ほどのところにこちらも歴史的な建物である「統一会堂」があります。建物内には内閣会議室や作戦会議室などを含め、実に100以上の部屋があります。
しかし..僕はここでこの旅で最大ともいえる失敗をしてしまいます。

なんと開館時間7:30-11:00/13:00-16:00ということを知らずに、16:10頃到着してしまいますOrz!!
何度も交渉しましたが中には入れてもらえず、結局建物の外観だけを見て終わってしまいます。
しかもフライトがこの日の深夜だったので翌日に再来することも不可でした。。悔しい!
ちなみに入場料はここでも15000ドンらしいです。
閉館時間にはくれぐれも注意しましょう!!

いざ、サイゴン川へ!

この悔しさを忘れるべく、サイゴン川へと向かいます。

綺麗です。なんというか落ち着きます。懐かしささえ感じます。旅がもうすぐ終わると思うと感慨深くなってしまいました。ここらで夕陽が落ちていたら多分涙していたでしょう笑。

賑やかなドンコイ通りへ

その足でドンコイ通りへ行きました。

この辺りは日本人を含め沢山の観光客でごった返してます。

旅の途中、比較的日本人を見かけることは少なかったのですが、ここでは畳みかけるように日本人に出くわし、さらにはさも当たり前かのように日本語でおばちゃんに道を尋ねられ、ちょっと違和感を覚えました。

そういえばこの日は12月23日。
イヴを前日にして男一人ベトナムでサンタさんとイルミネーションに囲まれて自分は一人で何をやってるのかと2回くらい自問しましたが自答はしていません(´・ω・)b。

ここはすごく綺麗な場所ですがデートスポットなので軽くスルーしました笑
隣の写真は大きなショッピングセンターです。中にあるスーパーでお土産を買いました。
旅で悩むのがお土産ですが、スーパーに行けばそれなりに安く色々と買うことができるので便利です。


最後はこの時計台でホーチミンの観光を見納めしました。
短い観光でしたが、とても充実した時間でした。

荷物を取りに戻るためデータム通りへ。

もっと開拓したかった。そんな想いを感じながらホーチミン国際空港へ向かいます。
データム通りから75000ドン(約400円弱)で空港まで連れてってもらいました。この時もタクシーじゃなくてバイタクです。

そう決意をしているうちに、飛行機はホーチミンからマニラへ向かって離陸していました。