国際プロフェッショナルになるためにー黒川清、石倉洋子【世界級キャリアのつくり方】

本書は国際舞台で活躍するプロフェッショナル、いわゆる国際派プロフェッショナルに焦点を当てた、国際的に幅広い分野で活躍されている黒川清さんと石阿波洋子さんの共著である。

Part1では世界級キャリアという概念の説明からその必要性までを記載し、 Part2は国際派プロフェッショナルになるためにしておかなければならないことを年代別にまとめている。

Part3では世界級キャリア形成のために必要な力(能力)について具体例を挙げながら説明している。

二人とも素晴らしいキャリアを積まれているにも関わらず、偉ぶった表現でなく、自らが見てきた世界観に則しながら話を進めていくので説得力がある。  

要旨は、組織や肩書きに依存するのではなく、個人としての能力を磨き、勝負できるようになること。

つまり個人ベースで仕事を得て仕事をこなせる人である。

それも狭い国内だけでなく、様々な国の人とフラットな関係を築きながら個人で勝負するのである。

国際派プロフェッショナルになるために必要な力は5つ。

①現場力

②表現力

③時感力

④当事者力

⑤直観力の5つ。 自身のキャリアを考える上で非常に参考になる1冊だと思う。