日本にはなく、フィリピンにあるものー水谷竹秀【日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人】

 

 海外で経済的に困難で日本に帰ることのできない「困窮邦人」、特にフィリピン在住の困窮邦人についてのルポ。

日本人でありながら現地でホームレスになってしまう理由には、フィリピンの女性にはまってお金をつぎ込んで帰れなくなる場合がほとんどでそれ自体は自己責任なのだけど、その背景に日本での生活の寂しさや身寄りのない環境など社会的な問題が隠されている。彼らはそういった環境に耐えられず、フィリピンを選ぶ。
 
外務省もこういった邦人に対して簡単に帰国費用を渡せないという。なぜなら彼らに帰国できるお金を与えることで、また同じことをしてしまう、あるいは似たような人が増えていくからである。このような現実の中で外務省が取る対策は、困窮邦人の家族への連絡である。家族や身寄りを通してどうにか帰国を促そうとする。しかしながら、困窮邦人になってしまう多くの日本人は、家族からも見放され、頼れる身寄りもいないケースが多いという。またはそういった家族とノン関係が悪いがゆえに、はたまた日本へ帰っても希薄な人間関係に嫌気がさし、彼らは時に自ら困窮邦人となるのである。
 
海外に行くと日本最高って思うけど、反対に日本にいて窮屈さを感じる日本人もいるのだ。捨てられる日本の、捨てられる原因にも目を向けないと、と思う。