21世紀は教育×テクノロジー

世界のいたるところでテクノロジーを教育に導入することで教育における目覚ましい業績が見られる。

今後ますますこの傾向は高まるし、そうなると技術的なイノベーションはもちろんだが何よりもテクノロジーをどのように活かすかという創意的なアイデア力をいかに養うかという話になってくる。

 

日本発の機関だとE-Educationが一つのモデルとして高い評価と確かな実績を世界各地で着実に挙げている。

それ以前にもカーンアカデミーに代表するような動画配信型のアイデアで教育格差への問題に対する取り組みが行われてきた。

もはやテクノロジーは教育において無視できない存在であり、教育×テクノロジーは21世紀の教育を考えるにあたってデフォルトになりつつある。

 

しかし教育格差是正だけがこれらのテクノロジーが活かされるわけではない。

普段の公的教育施設、いわゆる小学校から高校、あるいは大学においてもこういったテクノロジーによる工夫された学習の場が今後どんどん提供されるべきである。

私はこうしたICTと呼ばれる現代のツールが、民間のみならず公教育に導入されることでの学習効果・経済効果を研究したい。

そして評論家ではなく、0から1を生み出すアイデアを常に探し求めながら自身の行くべき道を模索していきたい。