海商都市リヴァプール(Liverpool) ①博物館を巡る

MegaBusで行くリヴァプール1泊2日旅行

大学院が始まるまでの約2週間のブレークタイムを利用して、世界遺産に登録されている海商都市リヴァプールに1泊2日で行ってきた。

大英帝国の絶頂期を支える海洋拠点となったリバプールは、言わずと知れたビートルズが誕生した場所でもある。

9/23(水)23:50 London Victria coach station-9/24(木)5:00 Liverpool one bus station

f:id:eternalsekai:20170327165353j:plain

安さが売りのMegabusで往路£9復路£11のバスチケットを購入し、victoriaから深夜のバスに乗り込む。
バスに揺られること5時間、無事リバプールに到着した。がしかしここで問題発生。
当初は早めに到着して朝から大聖堂やリバプール大学などを周る予定でいたが、バスの中で思いのほか寝れず、さらにリバプールの港風に吹かれて凍え死にそうな気がしたのですぐさま24日の夜に泊まる予定のTune Hotelへと向かった。Tune Hotelは格安航空のAir Asia系列のホテルで値段も格安だ。僕の部屋もツイン+24時間WIFIで£29という安さ。

リヴァプール寒すぎ

さて、5時に到着したは良いが寒さと眠さに耐えられずTuneHotelへ。本来はチェックインはこの日の15時からで、余分にお金を払えば12時からの早めのチェックインも可能なのは知っていた。ただ問題は今は朝の5時。果たして受け入れてもらえるのだろうか。。。
交渉の結果、+£15でチェックインしても良いとのことだったのでチェックインすることに。しかしここで£15払うくらいならバスではなく午前中に到着する電車に乗れたのに。。

冷えた身体を温めながら、真っ白なシーツに包まれて寝た。

World Museum

目が覚めると9時過ぎだった。寝すぎたな、と思い急いでシャワーを浴び身支度を整えて出発する。

まず向かったのはWorld Museum

f:id:eternalsekai:20170327165400j:plain

リバプールで最初に建てられたとされる自然史博物館。博物館は自然史、人類史、宇宙氏の3つのセクションに分かれている。
恐竜の模型や生きた昆虫などが展示されているため、子どもにとってはとても良い教育の場だと思う。実際この日も沢山の小学生が博物館を訪れていた。

f:id:eternalsekai:20170327165407j:plain

水族館もあったが、日本のそれとは比べ物にならないぐらい水槽の汚れがひどく、まあ所詮無料なのでこんなものかと思わされた。

今の期間はマヤ文明の展示物が博物館の目玉のようだ。
f:id:eternalsekai:20170327165418j:plain
総じて規模が小さく、展示物の数もそれほど大きくない。
全体的に子どもの教育向けという感じが強かった。

続いて向かったのは、world musuem から徒歩5分くらいのWalker Art Gallery

f:id:eternalsekai:20170327165443j:plain

なんだか英国の博物館系の建物ってどれも造りが似ている。
そういえばUCLのメインキャンパスも大英博物館もこんな感じの建物だった。

f:id:eternalsekai:20170327165516j:plain

 

2階にある絵画展は非常に興味深い作品ばかり。沢山の絵画が各時代ごとに、あまり知られていない画家を含め展示されている。特にモダン的な20世紀英国絵画の部屋は個人的に楽しめた。英国ならではの英雄や戦場の作品も惹きつけられるものがある。
こういう場所に来ると、美術史を勉強してみたくなる。

St George's Hall - City Halls

Walker Art Galleryを後にして向かったのはSt George's Hall - City Halls

f:id:eternalsekai:20170327165524j:plain

19世紀中盤に建てられた新古典主義様式のセント・ジョージ・ホールはコンサートホールと裁判所を兼ねるリバプールを代表する建物だ。巨大アーチ形の天井やミントン タイルの床など、建物を見ているだけでもその美しさに圧巻する。

f:id:eternalsekai:20170327165540j:plain

Liverpool Metropolitan Cathedral

この日の夕方からマンチェスターに住む友人と会う約束になっていたので、それまでの時間もう1か所ぐらい周れる時間があったので、最後にLiverpool Metropolitan Cathedralに行ってみた。

f:id:eternalsekai:20170327165557j:plain

神々しいアーチ形の大聖堂は20世紀に建てられたローマ・カトリックの大聖堂だ。
王冠のような煙突は翌日向かうことになるリバプール大聖堂とは全く別の様相で興味深い。この王冠を見ながらふとカールの戴冠を思わされた。

f:id:eternalsekai:20170327165606j:plain

天井は大きな円柱の形をしており、中央に見える大司教の座を聴衆が囲むような形で礼拝が行われるようだ。しかも建物の中にはいくつかの小さなミサスペースがあり、非常に多機能な聖堂である。
建物の美しさから、多くの学生がスケッチしに訪れていた。

少々歩き疲れたところで、友人と落ち合って夕食を一緒に食べ、1日目を無事に終えた。