カレル橋から見るプラハの美しい街並み

これぞプラハ!

「これぞプラハ」と言えるようなプラハの美しい街並みを堪能できるスポットの一つが、カレル橋ではないでしょうか。

f:id:eternalsekai:20170328171231j:plain

カレル橋は有名な観光スポットとしていつも沢山の観光客で溢れています。ロンドンで言えばタワーブリッジのような感じでしょうかね?Czechの人に言ったら怒られそうですが。

f:id:eternalsekai:20170328171235j:plain

プラハ最古のカレル橋の歴史は波乱万丈

しかし驚くことなかれ、ヴルタヴァ川に架かるゴシック様式のこのカレル橋、その歴史は実に600年にも遡り、プラハ最古の橋として健在しています。15世紀初期のカレル4世の頃に完成しました。

カレル橋の歴史は一筋縄ではいきません。カレル橋の前に最古の橋として建造された橋がありましたが、洪水によって流されたのです。それも1度のみならず、2度もです。本当の意味での最古の橋は8世紀ごろに木造の橋がこのヴルタヴァ川に架けられましたが、洪水で流されてしまいます。

その教訓を得て、今度は12世紀に石橋が建造されます。当時の王女の名前にちなんでユディッタ橋(Juditin most)と名づけられましたが、なんとこの石橋も200年後に洪水によって決壊してしまう。

こうした背景の中で神聖ローマ帝国の皇帝カレル4世の命によって今度は石橋アーチ状の橋がユディッタ橋の上流に建造されるようになり、これがカレル橋として今日まで沢山の人々を支える橋となっているのです。f:id:eternalsekai:20170328171239j:plain

写真の名スポット

さて、そんな3度目の正直によって建造された歴史のあるカレル橋。ここから見える景色はヨーロッパで最も美しい場所ともされています。

カレル橋上から見れる美しい景色を写真で見ていきましょう。

f:id:eternalsekai:20170328171332j:plain

f:id:eternalsekai:20170328171336j:plain

f:id:eternalsekai:20170328171537j:plain