ロンドン帝国戦争博物館(Imperial War Museums)

f:id:eternalsekai:20170327155318j:plain

先日、修士論文の気分転換?を兼ねてロンドン南部、Elephant & Castle St近くにある帝国戦争博物館に行ってきました。

ロンドン帝国戦争博物館(Imperial War Museums)

この博物館、イギリスがこれまで関わってきた戦争だけでなく、ホロコースト専用のエリアがあるなどなかなか見ごたえのある博物館になっています。入場料は、さすが英国だけあって無料です。立派にそびえ立つこの建物、実はもともとはベツレム王立病院という世界初の精神病院でした。精神病院→戦争博物館なので、中は結構重苦しい空気を感じてしまいます。

f:id:eternalsekai:20170327155341j:plain

 

0階  First World War/ First World War Galleries/ Witnesses to War 

1階 Second World War/ A Family in Wartime/ Turning Points 1934-1945/ Contemporary Conflicts

2階  Secret War/ Peace and Security 1945-2014

3階  Special Exhibition(時期によって展示内容が変更されます)/A Century of War Movies/ Curiosities of War4階 The Holocaust

5階  The Load Ashcroft Gallery

武器好きの人にはたまらない場所

目玉は4階のホロコーストで、このエリアに多くのスペースが割かれています。このエリアでは撮影が一切禁じられており、また年齢制限もされています。確か12歳以上でした。

僕はあまり軍事史については詳しくないのですが、友人曰く武器好きの人にはたまらない場所だそうです。博物館の良いところは説明書きをしっかりと読むことで相当な知識を得ることができるということですね。本の知識だけだと実感が湧かないけれど、展示品と一緒に歴史を学んで当時の情景を思い描くことで想像力を高めることもできます。これは実際にイギリスではよく行われている教育方法です。

f:id:eternalsekai:20170327155356j:plain

 日本に関する資料はあまり多くはありませんが、第二次大戦関連の資料としていくつか展示してあります。

f:id:eternalsekai:20170327155427j:plain

やはり一度だけでは時間が足りないので、日本帰国前にもう一度訪れたいと思いました。僕が行ったときは日曜日の夕方でしたが、日本人はいませんでした。立地や知名度、また戦争博物館という名前からなかなか観光客は訪れにくい場所なのかもしれません。しかし、博物館自体は比較的中立に展示・説明されており、英語の説明書きが読めれば英国・ヨーロッパの軍事史についての深い知見が得られるため、ぜひお勧めしたい博物館です。

帝国戦争博物館 住所 Lambeth Road, London, SE1 6HZ

電話番号 020 7416 5320ファックス 020 7416 5374

営業時間 10:00 - 18:00(最終入場は17:45) 休業日 12/24-26

日本語 不可

料金 入場無料

ホームページ http://london.iwm.org.uk/ (英語)

行き方 地下鉄ランベス・ノース(Lambeth North・ベーカールー線)駅からケニングトン・ロード(Kennington Road)を南へ。ランベス・ロード(Lambeth Road)の交差点を左折すると右手に見えてくる。徒歩約10分。