リトアニアの首都ヴィリニュスの旧市街地1日コース

リトアニアは小さな国ですが映画にもなった有名な杉原千畝の所縁の地ということで、私たち日本にとっての関係も決して浅くない国だと思います。杉原千畝はナチス・ヒトラーの迫害によりポーランド周辺国から逃れてきたユダヤ人難民に大量のビザを発給し、6,000人以上の避難民を救った外交官として「東洋のシンドラー」とも呼ばれています。

その杉原千畝の記念館はリトアニアのカウナスという場所にありますが、今回はリトアニアの首都ヴィリニュスについての訪問記です。ヴィリニュスのメジャーな観光スポットは旧市街地になりますが、1日あれば十分に回ることができます。

旧市街地の入り口、夜明けの門 Gates of Dawn

f:id:eternalsekai:20170328084254j:plain

ヴィリニュスの駅やバスターミナルから旧市街地へ向かうとまるで旧市街への入り口のような門があります。この門は夜明けの門と呼ばれ、門の上には礼拝堂が設置されているという変わった造りとなっています。礼拝堂の中にある聖母マリアのイコンは奇跡を起こすと言われており、人々はここで祈りを捧げます。

ヴィリニュス壁の要塞 The Bastion of Vilnius City Wall

f:id:eternalsekai:20170328084301j:plain

17世紀半ばにドイツ人によって建てられた要塞です。同じく17世紀にモスクワとの戦争で壁は大きくダメージを受けてしまいますが、写真のように現在でもわずかに残っているということで貴重な文化財です。第1次、第2次世界大戦時にはドイツ兵が兵器を入れておく場所として使われたそうです。

聖アンナ教会 St. Anne's Church

f:id:eternalsekai:20170328084308j:plain

15世紀に建築された赤レンガ造りのゴシック様式の教会。とても美しいです。ヴィリニュスには多くの教会がありますが、個人的には一番美しいと感じた教会です。

3つの十字架の丘 Three Crosses

f:id:eternalsekai:20170328084315j:plain

名前の通り高い丘に3つの十字架が建っています。遠くから見えたので近くまでは行ってみませんでした(行き方が分かりませんでした)。

シャウレイの丘で見過ぎるほど十字架を見たので遠くからで十分でした。

ゲディミナス城 Gediminas' Tower Of The Upper Castle

f:id:eternalsekai:20170328084323j:plain

少し丘を登りますが、頂上からヴィリニュスの美しい街並みを一望できる素晴らしい場所です。元々はゲディミナス大公がヴィリニュス遷都の際に築いた城でしたが現在では一部の塔と城壁のみ残っています。お年寄りや身体の不自由な方の為にケーブルカーも用意されているので安心です(€2)。

f:id:eternalsekai:20170328084328j:plain

ヴィリニュス大聖堂 Vilnius Cathedral

f:id:eternalsekai:20170328084338j:plain

ヴィリニュスのメインとも言えるカトリック教会の大聖堂。白を基調とした美しい造りとなっています。13 世紀にリトアニア大公ミンダウカスがキリスト教を受容し際に建てられた教会と言われています。

ヴィリニュス大学 Vilniaus universitetas

f:id:eternalsekai:20170328084344j:plain

ヴィリニュスを代表するリトアニアの国立大学。1579年創立という非常に歴史ある大学でリトアニアでもトップレベルの大学です。

 

f:id:eternalsekai:20170328084349j:plain

数多くの教会

ヴィリニュスの街並みを歩いていて驚くのはその教会の数。リトアニア人の信心深さが感じられるほどに大小問わずとても沢山の教会があり、どれも美しいです。

ヴィリニュスの観光地である旧市街地は1日もあれば十分に回れます。のんびりと様々な教会を見ながら安い物価で美味しいごはんを食べる、そんな落ち着いた時間を過すのには最適な場所です。

f:id:eternalsekai:20170328084402j:plain

f:id:eternalsekai:20170328084426j:plain

ソ連占領下に使われていた紙幣がお土産として売られている。