Javaの勉強開始 『スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)』 中山 清喬

私は英国で教育開発学を学びましが、今後の方向性としてIT x 教育 x 途上国だと考え、就職先にIT企業を選びました。

就職先の企業では入社後1,2か月は通常のビジネス研修を受けますがその後は本格的にJavaの習得のための研修が始まります。会社は学校ではないので、受け身ではなく、ある程度下準備していこうと英国から帰国後Javaの勉強を始めました。このブログを運営する過程でCSSとHTMLについては少しずつ理解してきましたが、とはいえITは本当に初心者です。Javaの学習も何から始めていいのか分かりませんでしたが、色々書籍を吟味した結果下記の本を購入しました。

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

 

 「とても分かりやすい」「理論的になぜそうなるのか?をしっかり説明してくれる」など評判も良かったのでこの本に決めました。本の厚さも相当なものがあり、これ一冊をこなせばとりあえずの下準備は整えられそうです。ちなみに安いのでKindleで購入するか迷いましたが、下線が弾けないことや読みたいページにすぐに飛べないので勉強の効率を下げると考え、今回は紙媒体で購入しました。重いです。

この本の特徴の一つに「dokojava」という独自のサービスを用いてプログラミング体験できるものがあります。特別なインストールをしなくてもコードを書いたりできるので、書籍を読みながら学んだことをすぐに実践できる工夫がされています。

勉強を開始後はとにかく新しく覚えることが沢山あって大変ですが、同時に未知なる世界を知れる喜びや楽しさも感じています。特にITはしっかりと身に着けた分だけそのまま実力・スキルに繋がるので勉強のやりがいがあります。将来、学習コンテンツを自作できるように、基礎を徹底して身に着けていきたいと思います。