アマゾン奮闘中ーアマゾンの当日宅配サービスは本当に必要なのかー

ヤマト運輸、アマゾンから手を引く

少し前のニュースですが、宅配最大手のヤマト運輸が最大の取引先であるアマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の当日配送サービスの受託から撤退する方針が発表されました。

www.huffingtonpost.jp

撤退の背景としてはアマゾンの当日宅配サービスなどによって配送量の増加に対するドライバーの確保が追い付いておらず、その分、従業員の負担が増加しているためとされています。ヤマト運輸は昨年2016年には配達量が過去最高の18億個を更新しており、この傾向が続けば今後も夜間配送や長時間労働など従業員にさらなる負担がかかることが懸念されています。

 

この方針を受けて、アマゾンは当面は日本郵便など他社への委託を増やすことが予想されますが、他社も他社とて状況は同じはず。そこでアマゾンは数年前から独自配送の手段を模索しています。

すでに有料会員向けサービス「プライムナウ」ではドラッグストアや百貨店の商品をアマゾン独自配送でお届けするサービスを展開しています。プライムナウでは当日宅配にとどまらず、なんと注文してから1時間以内で届けるサービスを提供しています。今後はドラッグストアや百貨店から提携店をさらに拡大していくと考えられます。

netshop.impress.co.jp

当日宅配サービスの需要ってあるの?

しかし、少し立ち止まって考えてみたいことは、果たして当日宅配サービスって本当に必要なのか、ということ。私自身も当日配送を利用したことがありますが、率直に言ってあまり必要性を感じませんでした。そこまですぐに必要な物なら、直接買いに行ったほうが良くないか、と思うんですね。注文して1時間以内で届くとかある意味恐怖すら感じます。また配送業者が当日配送サービスから撤退したところで、アマゾンがサービスを続け独自の配達路線を用いるのであれば、結局今度はアマゾンの社員がその負担を負うに過ぎません。

一般人がアマゾン商品を届けるようになる!?

しかしながらさすがアマゾン。すでにこの課題に対する解決策を米アマゾン・ドット・コムが模索しています。米アマゾンが検討している配送手段はこれまで外部業者に委託していた配送を一般の人々に任せてしまうアプローチです。

【一般人がついでに配達】Amazon商品を届けて稼げる新たな仕組みを模索し始めた! - NAVER まとめ

米アマゾンは目的地の方向へ向かう一般市民に小包を運んでもらい、その運賃を支払う携帯端末向けのアプリを開発しているようです。シェアリングビジネスの先駆的モデルであるウーバーやAirbnb (エアビーアンドビー)のように、個人が個人のリソースを活かしてお金を稼ぐことができる。また当然アマゾンも配送コストを抑えることができます。

ですがこのアプローチはいくつもの課題を抱えています。

・配送人の人数確保が不安定

・配送人が商品をエンドユーザへ届けるまでにいくつか障害がある。

・商品の破損や紛失の責任の所在

などなど。

なかなか面白いアイデアではありますが実行に踏み切るまでに多くの障害に直面しそうです。このほかにも米アマゾンはドローンを使ったりタクシー会社に委託するなど様々な方法を模索しています。

安全で安定かつ低コストな配送手段はアマゾンのビジネスの肝となる部分ですから、様々な手段を検討することは当然のことだと思います。そしてその奮闘の中にあるのは、ユーザーの声に応えたい、顧客を喜ばせたいという最終目標なのでしょう。つまり消費者のニーズがあるからこそ、そのニーズを満たすためのサービスを模索しているのです。

根源には消費者の飽くなき欲求

そこで改めて考えたいことは消費者である我々の飽くなき欲求についてです。

頼んだものが即日に届かなければならない社会とは一体どんな社会なのでしょうか。

私も日ごろからアマゾンにお世話になっているヘビーユーザですのでサービスの利便性をとても感じています。しかし便利な世の中を支えている人々、そしてその構造の中に内在する社会課題についても目を向ける必要があるかもしれません。自戒の意味を込めて。