イギリス現地での生活にはデビットカードがお勧め

イギリス留学する際に悩ましい問題の一つが、現地でのお金をどのように管理するかだと思います。

1. ポンドの管理はイギリスの銀行口座を作ろう

学生であれば、当然現地の銀行口座を作ることが可能で、大体の人が現地の口座にポンドを入れていくようになります。個人的におススメなのはLloyds銀行です。定期預金では最低預金額の高さという点から、富裕層向けのプライベートバンクというイメージが強いですが、普通預金の場合には問題なく誰でも口座開設ができます。

HSBCも学生の間では人気の銀行でした。ただ、自分の所感としてLloydsの方がバンカーとプロフェッショナル意識が強く、トラブルなどにも早急に、丁寧に、臨機応変に対応してくれた記憶があります。日本に帰国した現在でも、何か困ったことがあれば電話ですぐに対応してくれるので安心です。

2. 日本のお金を引き出すならデビットカード一択でしょ!

日本の銀行にあるお金を現地でも使いたい場合、海外でも使用可能なデビット機能付き銀行カードが大変便利になります。クレジットカードのキャッシングや買い物は決まって期日に銀行口座から使用分が引き落とされますが、デビットカードは、即時に口座から引き落とされるので、現金のように使用できて管理がしやすいです。

日本円をいかにお得に現地通貨に替えられるかを考えた時に、まず空港や銀行で両替すれば大きな手数料が取られるので避けたほうが良いでしょう。

それよりもデビットカード機能の付いた銀行カードを使うと、その日のレートと少額の手数料だけで、現地ATMで現地通貨が必要な分だけ引き出せるので、これが一番お得だと思います。

海外でも使われるデビットカードはいくつかありますが、おススメはスルガ銀行のスルガデビットです。理由は単純で年会費無料だからです。ちなみにスルガ銀行ANAデビットだと、給与口座に指定することマイルが溜まるので、イギリスにいながらも日本で収入がある人にとってはお得です。

Financial Pass Visaデビットカード/SURUGA Visaデビットカード|商品・サービス|スルガ銀行ANA支店

3. 授業料はできればクレカで払ったほうがお得

イギリスの学費は何百万もする高額な買い物ですが、これに限ってはデビットカードではなく、クレカで支払ったほうがポイントの還元などを考えてお得だと思います。クレカの上限値引き上げも銀行に問い合わせて事情を説明することで案外引き上げてくれます。私の友人は、授業料の支払いをJALカードで支払い、溜まったマイルでJAL日本ー英国往復分の航空券に変えていました。

どうせ出費するなら、お得に、賢く、楽しく出費したいものですね。