箱根に行ったら必ず訪れたい美術館3選!

3連休を利用して1泊二日で箱根に行ってきました。3連休を利用したといっても、金曜日に有給を取ったので、平日宿泊となり、ホテルの値段も安く、観光客も少なく非常に快適でした。 

箱根で温泉はデフォルト、だからこそ楽しみたい美術館巡り

箱根にはご存知の通り、美術館が沢山あります。西洋美術館から星の王子様美術館のようなファンタジーなものまで、本当にたくさんの美術館があるので誰でも楽しめます。

今回は箱根に行った際にはぜひ訪れたい3つの美術館をお勧め&ご紹介します。

1.  モネを代表する印象派の絵画多数、ポーラ美術館

クロード・モネをこよなく愛する私が、まず箱根で訪れたのがポーラ美術館

モネを始めとし、印象派などの西洋絵画が9500点収展されています。

中に入ると西洋的なガラス張りの建物でとても清潔感があります。

f:id:eternalsekai:20170716102920j:plain

モネの絵画を見に行くのが目的でしたが、この時期ポーラ美術館ではピカソとシャガールの展示イベントが行われており、これが超絶素晴らしかったのです。

f:id:eternalsekai:20170716103146j:plain

f:id:eternalsekai:20170716103200j:plain

有名なピカソとシャガールですが、二人の画家の出会いや歴史を、年表や絵画で対比させていて、とても興味深く楽しめました。素人ながら、シャガールの絵にとても惹きつけられるものを感じました。作品からは清貧や平和のような温かさが伝わってきました。作品の雰囲気から敬虔なクリスチャンなのかと思いましたが、後々調べてみるとシャガールはユダヤ人なのですね。そういわれると、確かにいくつかの作品の中にはモーセが登場していました。

一方、ピカソの絵画を見た印象は、おそらくピカソはモテたのでしょう。自分自身の欲望に対する闘いや、人間の持つ二面性について、人生の中で考え、苦悶し、それを作品に残したのではないか、そんな印象を絵画の中から受けました。

シャガールとピカソ、同時代に生まれた天才ですが、作品から二人の価値観、歴史、想いが異なり、その対比がとても面白く、観ていて飽きません。

おそらく二人の作品に対する解釈は多々あるのだと思いますが、作品1つ1つ観ながら自分なりに作者がどういう思いで作品を描いたのかに考えを巡らせてみることは、おそらく美術館の楽しみ方の一つでしょう。

 

お目当てのモネもありました!こちらはあまりにも有名なモネの睡蓮です。

f:id:eternalsekai:20170716104254j:plain

f:id:eternalsekai:20170716104358j:plain

ピカソとシャガール展は9月まで開催されていますので、箱根に行かれる予定の方はぜひ、ポーラ美術館に足を運んでみてください!

入館料
  個人 団体(15名以上)
大人 ¥1,800 ¥1,500
シニア割引(65歳以上)※1 ¥1,600 ¥1,500
大学・高校生 ¥1,300 ¥1,100
中学・小学生(土曜日無料) ¥700 ¥500
障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)※2 ¥1,000 ¥1,000

開館時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
年中無休(ただし展示替のための臨時休館あり

休館日/休室情報
次回休館日:2017年9月25日(月)~9月30日(土)

駐車場:500円

2. まるでおとぎ話、ガラスの森美術館

ガラスの森美術館も、箱根の美術館の中では有名でとても人気な美術館となっています。

f:id:eternalsekai:20170716110218j:plain

f:id:eternalsekai:20170716110322j:plain

入口がすでにお洒落な雰囲気を出しています。中に入ると計算されて造園された西洋の庭のようなイメージでこちらも美しいです。

f:id:eternalsekai:20170716110413j:plain

池にはカモの赤ちゃんが!最近生まれたばかりだそうです。癒されます。

f:id:eternalsekai:20170716110550j:plain

 

ガラスの森美術館の現代ガラス美術館は19世紀以降のヴェネチアン・グラスを中心に神秘的で美しいガラス細工が多数展示されています。

f:id:eternalsekai:20170716110646j:plain

f:id:eternalsekai:20170716110916j:plain

お土産はもちろん、ガラス細工でしょう!グラスや食器、風鈴、置物まで何から何までガラスでできた品物が沢山置いてあります。しかし、値段は手作りということもあり、なかなか高いです。お財布と相談し、1品でも買って帰りたいものですね。

 

入館料
【一般】大人¥1,500 大高生¥1,100 小中生¥600
【団体】大人¥1,200 大高生¥ 900 小中生¥500 (15名様以上)
※ホームページ内に割引クーポンあります

開館時間
午前10時から午後5時30分

休館日/休室情報
2018年1月9日から1月19日は休館

駐車場:隣接有料駐車場150台 普通車 1日 ¥300-
    徒歩5分 第二駐車場  100台 無料

箱根ガラスの森美術館

 

3. シュールな作品多数、彫刻の森美術館

最後に紹介するのは、野外ミュージアム、その名も彫刻の森美術館です!

名前の通り、森の中に展示物がある野外美術館となっています。ですので、日焼け対策、暑さ対策は必至です。体力奪われます笑。

f:id:eternalsekai:20170716112331j:plain

美術館に入ると、早速ユニークな彫刻が目に飛び込んできます!

 

これとか

f:id:eternalsekai:20170716112454j:plain

これとか

f:id:eternalsekai:20170716112500j:plain

これとか

f:id:eternalsekai:20170716112502j:plain

 これとか!!でけえ!!

f:id:eternalsekai:20170716112705j:plain

また、彫刻の森美術館にもピカソ展が開催されていました。絵画だけでないピカソの作品がここで観られます。外が暑いので、休憩もかねてこの建物の中に逃げ込むのもありだと思います笑

f:id:eternalsekai:20170716112951j:plain

ガラスの森美術館には足湯もできるスポットもあるので旅で疲れた脚を癒すのに最適です。

いくつもの彫刻の作品がありますが、個人的に一番気に入った作品がこちら。

f:id:eternalsekai:20170716113302j:plain

題名は、「ハイッ」だそうです。いや、見たまんまですやん。ハイ!

プチコラムー彫刻の森美術館の楽しみ方ー
普通に作品を巡ってももちろん全然いいんですが、カップルや家族でぜひやってみてほしい遊びがあるのです。それが彫刻の名前当てゲームです!やり方は簡単
①彫刻の説明書きを観る前に作品だけを見て、この彫刻の題名を当てる
②答え合わせとして作品の説明書きを見て題名を確認する
これだけでも結構盛り上がって楽しめます。何よりも、次の彫刻を見るのが楽しみになります。ぜひ、やってみてください!

 

 

入館料
  個人 障害者手帳
お持ちの方
団体
20名以上 100名以上
一般 1600円 1000円 1400円 1300円
大学生・高校生 1200円 700円 1100円 1000円
中学生・小学生 800円 500円 700円 500円

開館時間
9:00〜17:00  *入館は閉館の30分前まで

休館日/休室情報
年中無休

駐車場

美術館来館者 普通車 500円 5時間まで
普通車 500円/1H 5時間超
レストラン 普通車 500円/1H
売店
一般
  貸し切りバス 1,700円/1回
2,500円/1回 駐車場のみ
オートバイ 250円/1回

箱根 彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM

いかがでしたか?

今回ご紹介した以外にも箱根にはたくさんの魅力的な美術館があります。

箱根を訪れた際には、温泉だけでなく、ぜひ美術館にも足を運んでみてください!