40代管理職が語る、最近の若手社員で使えない人の特徴

先日、某大手商社系のお客さんとの接待がありました。
私以外のメンバーは30代後半~40代の管理職というで、話は自然と若手社員の話題になりました。
いわゆる「最近の若者論」です。
20代は私一人だったので、私はおじさんたちが語る「最近の若者論」を
私自身に向けられている言葉としてしっかりと受け止める気持ちで聞いていました。
「最近のおじさん」は若手に対してどのように感じているのか、と。

嘘をつくやつは使えない

「嘘つくやつはダメね」若者の話になった途端、取引先の課長は開口一発言い放ちました。
最近の若者はすぐ嘘ついてごまかそうとする。そういう人は信用して仕事を任せることができない。
例えば仕事を任せるときに、「これできる?」と聞いて、間髪入 れずに「やります」という社員がいます。
もちろんこれは良い姿勢なのですが、問題は納期が迫てきた時です。

もう一度上司が「順調か?」と聞いたときに、
嘘をつく社員は大丈夫でなくてもここで「大丈夫です」と答えてしまいます。
結局直前になって間に合わないことが分かって「すみません」ということになり、上司がその帳尻合わせをするハメとなります。

さらに「すみません」と報告してくれるのはまだマシで、もっと最悪なのは、間に合わなかった時でさえも報告せず、上司に気づかれて怒られるまで隠そうとする社員もいるそうです。

こうした事態にならないためにも、
与えられたタスクを処理するのにどれぐらいの時間がかかるか、タイムスケジュールに余裕を持って計画を立て、
こまめな進捗報告が必要してほしい」と言っていました。

頭でっかちは使えない

「現代は情報に溢れているせいか、最近の若者はやったこともないことに対して知ったかぶりをし、そのくせプライドが異常に高い」とお客さんは愚痴をこぼしていました。
特に仕事をお願いしたときは大した工夫もせず、言われたことだけしかやらない若手が多い、と。
しかも自分のやった仕事に対して異常に高いプライドを持っているので、クオリティに問題があった場合に指摘しても、そのフィードバックを真摯に受け止めようとしないと嘆いていました。
学歴は立派なのに、実務が全然できない頭でっかちな若手が多すぎる
私の会社の管理職の方も同じような愚痴を言っていました。

受け身の奴は使えない

お酒がいい感じに入ってくると管理職の方々はどんどん饒舌に、毒舌に、最近の若者について語ります。

「言われたことしかやらない」
「価値を生み出すってことを知らない」
「会社から給料をもらうということを理解していない」

日々の業務で何か仕事をお願いしても、本当に言われたことしかやらない受け身が多いと。自分なりに工夫したり、関連した業務知識を得ようとする姿勢が圧倒的に欠如しているということです。

さらに、印象的だったのは、ある新人社員は業務知識習得のために
社外研修を受けたものの、研修で学んだ知識が全く身についていなかったという話。この研修ちなみに8万円。
会社から出る給料は給料はお客さんからもらっている。この意識が低すぎる」そう嘆いていました。

上司が考える「使えない奴」の特徴を知ることで、上が何を求めているかを理解する

「最近の若者」という話題になると、皆さん意気投合しちゃって、唯一若い参加者だった私はとても耳が痛かったのですが、非常に良い勉強になりました。

大手企業の管理職が語る「最近の若者論」は、割とどの企業でも見られる傾向なのかもしれません。
30代ー40代管理職の方々が考えるこの「使えない若手の特徴」は見方を変えることで、上が若手に何を期待しているのかが分かるようになります。
今一度自分の仕事のやり方を見つめなおし、ブラッシュアップする必要があるなぁと思わされました。