「言葉と場所が分からず逃げられなかった・・」子どもの商業的性的搾取について【ユニセフ国際協力講座】

0. ユニセフ国際協力講座

ユニセフ国際協力講座毎年11月から翌年3月にかけて、日本ユニセフ協会主催の国際協力人材養成プログラムというものが開講されています。

これは国際協力について学びたい人や国際協力のキャリアを考えている学生、社会人を対象に、既に国際協力の現場で働いている講師を様々な機関から招いて講座を行うプログラムです。

今年は既に第17回を迎えています。

国際協力講座|国際協力人材養成プログラム|日本ユニセフ協会

第17回 国際協力講座の概要

講座の目的 : この講座は国際機関、NGO、政府援助機関などに於いて、  子どもの分野などで国際協力を担う人材を義務からではなく使命の立場から養成しようとすることを目的としています。

受講資格 : 国際協力に興味を持ち、国際機関やNGOなどでの活動を希望している大学生、大学院生、社会人。国籍は問いません。実用英語技能検定準1級・TOEIC730点以上・TOEFL-iBT79点以上に相当する英語力を有し、12回の講義に出席可能な方。

使用言語 : 日本語(英語による講義の回あり)

場所 : 公益財団法人 日本ユニセフ協会 ユニセフハウス

受講料 : 無料 (交通費自己負担)

募集人数 : 100名(応募多数の場合は抽選となります。)

修了証書 : 10回以上講義に出席し、レポートを提出した方には修了証書が授与されます。18:30までに受付を済ませた方のみが出席となりますのでご注意ください。

現在このプログラムに参加中ですので、講義のまとめや感想について当ブログでも紹介していきます。

1. 第2回 子どもを商業的性的搾取から守る

 プログラム第2回講座は、朝日新聞に勤める大久保真紀さんです。

大久保さんは記者という職業を通じて、アジアの途上国を中心に商業的性的搾取の被害にあった子どもたちに出会います。

大久保さんは講義を始めて間もなく受講者の私たちにこう問いかけました。

なぜ子どもたちが売られてしまうのでしょうか?

様々な声がありました。

「貧しいから」「騙されてしまったから」などなど。

その中でも、「需要があるから」という回答は非常に本質をついているように思いました。

それはそうでしょう。子どもを買う、という需要があるから、いまだ世界では100万人の子どもが人身売買の犠牲になっているのです。もはやこれは途上国云々ではなく、人間の欲望という根源的なテーマになってきます。そしてこうした欲望の犠牲になるのが大抵、非力で、貧しく、無力な子どもたちなのです。

2. ミーチャの物語

大久保さんは講演の中で、ミーチャという女の子の物語を紹介してくださいました。

ミーチャはミャンマーの山村に暮らす女の子。家は貧しく、父親は働かない人で、母親はミーチャが7歳の時に他界してしまいます。ミーチャは学校に通ったこともなく、他の家の手伝いなどで日銭を稼いで暮らしてきました。そんな彼女のところに一人の男がやってきます。

子守の仕事があるから働かないか、とミーチャを誘います。家族のために、その車に乗ってしまったミーチャはこの時まだ12歳。連れられた場所はタイの売春宿でした。ここで毎日10人前後の客を取らされ、とうとうエイズに侵されてしまいます。

ミーチャは途中、何度か逃げ出したこともあったようです。しかしながら、ミャンマーで育ったミーチャが連れられたのはタイ。学校に行ったことがないミーチャは英語を話すこともできず、さらに自分が今どこにいるのかさえ分からないのです。結局、売春宿に戻るしか道がなかったといいます。そして、ミーチャはもうすでにこの世を去っています。(参照:朝日新聞 2013年7月7日 掲載記事)

3. ミーチャような犠牲者を出さないために、自分にできることは何だろうか

ミーチャのような子どもを商業的性的搾取から守るために、様々な人が様々な形で取り組んでいます。今回講演してくださった大久保さんは、記者として、見聞きした内容を記事にすることで、多くの人に児童買春の実態を伝えています。

また、こうした問題に直接取り組む団体もあります。NPO法人「かものはしプロジェクト」やNPO法人「てのひら・人身売買に立ち向かう会」などは、カンボジアで最貧困層の女性に仕事を提供したり、啓蒙活動、被害者支援などに取り組んでいます。

では、自分にできることは何か。

私は記者でもないし、NPOで活動しているわけではありません。しかしながら、少しでもミーチャのような犠牲者を出さないように自分にできることはあるはずです。

最も重要なことは「知ること」から始めることではないかと思います。世界にはまだ100万人以上の子どもが商業的性的搾取の犠牲者になっています。まずはその事実を、その背景を、その原因を知ることから始めていけたらと思います。

また、今は新聞記者でなくても、ブログのように、個人で様々な手法で「伝えること」ができます。今回の講座を紹介したり、自分が見聞きした内容を伝えたりすることで、その実態について周囲に知ってもらうことができるかもしれません。

最後に、私は男性として、無意識のうちに自分が加害者にならないように常に気を付けていきます