「戦争」とググるとリアルな写真が出てくるのに、「平和」とググるとハトのような抽象的な写真ばかり【ユニセフ国際協力講座】

0. ユニセフ国際協力講座

ユニセフ国際協力講座毎年11月から翌年3月にかけて、日本ユニセフ協会主催の国際協力人材養成プログラムというものが開講されています。

これは国際協力について学びたい人や国際協力のキャリアを考えている学生、社会人を対象に、既に国際協力の現場で働いている講師を様々な機関から招いて講座を行うプログラムです。

今年は既に第17回を迎えています。

国際協力講座|国際協力人材養成プログラム|日本ユニセフ協会

第17回 国際協力講座の概要

講座の目的 : この講座は国際機関、NGO、政府援助機関などに於いて、 子どもの分野などで国際協力を担う人材を義務からではなく使命の立場から養成しようとすることを目的としています。

受講資格 : 国際協力に興味を持ち、国際機関やNGOなどでの活動を希望している大学生、大学院生、社会人。国籍は問いません。実用英語技能検定準1級・TOEIC730点以上・TOEFL-iBT79点以上に相当する英語力を有し、12回の講義に出席可能な方。

使用言語 : 日本語(英語による講義の回あり)

場所 : 公益財団法人 日本ユニセフ協会 ユニセフハウス

受講料 : 無料 (交通費自己負担)

募集人数 : 100名(応募多数の場合は抽選となります。)

修了証書 : 10回以上講義に出席し、レポートを提出した方には修了証書が授与されます。18:30までに受付を済ませた方のみが出席となりますのでご注意ください。

現在このプログラムに参加中ですので、講義のまとめや感想について当ブログでも紹介していきます。 

1. 第3回 紛争とテロの予防と平和構築

国際協力講座の第3回目は特定非営利活動法人日本紛争予防センター理事長の瀬谷ルミ子さんによる、「紛争と平和構築」をテーマにした内容でした。

1-1 良い紛争と悪い紛争?日本紛争予防センターの仕事とは?

「紛争」とは2人以上の争いやいざこざを意味するので、そういった意味では夫婦喧嘩や友人との争いも、広い意味では紛争と言えるでしょう。瀬谷さんは「人間である以上、紛争が起こることは仕方ない。しかし紛争には良い紛争と悪い紛争がある」といいます。

良い紛争とは、結果として学びや多様性に繋がる

悪い紛争とは、暴力や武力に訴える結果となる

日本紛争予防センターでは、この悪い紛争を予防するための取り組みを行っています。

・暴力や武力に訴える前に両者の間に入り、話し合いをできる仕組みを作る。

・調停人を育成する

・暴力をふるった人にペナルティを課す仕組みを作る

などが紛争予防センターの具体的な業務だと紹介してくださいました。

紛争予防センターでは、最低限の平和の構築をミッションに掲げています。「みんな仲良し」という平和ではなく、相手のことが嫌いでもいいから最低限「殺さない、暴力しない」というレベルの平和構築を、まずは目指していると言います。相手を理解することや好きになることはその次のステップですが、それ自体は強要せず、本人たちの責任や自由だと言います。

2. 紛争の変化

2.1. 日本が平和だった71年間で世界で起きた紛争

講義中に瀬谷さんは一つの動画を見せてくれました。それは日本が第2次世界大戦を終えた1946年から2016年に至るまでの71年間で、世界で起こった紛争の数と地域を表している映像でした。

日本が平和だった71年間(1946-2016)に世界で起こった紛争の数はなんと550以上。そしてほとんど同じ地域で紛争が起きています。紛争は一度起きた地域で繰り返し起こりやすい、被害者の人が生活向上しないと状況は変わらない、と瀬谷さんは言います。

2.2. テロリズムは新たな紛争の形

近年、世界各地で起こっているテロは、紛争の新たな形であると言います。メディアで頻繁に報道されるテロのニュースですが、最もテロの数が多かった年は2014年で、その数は年々減少傾向にあるようです。しかしながらテロの数自体は減少しているものの、先進国でテロが起こる比率はここ数年で600%増だと言います。これには二つの大きな理由があります。

・テロ組織がテロを先進国で起こすことを呼びかける

・素人でも行えるマニュアルを作成し、テロの手法を変えた

つまり、テロ行為のハードルを下げ、かつ先進国で実行することを推奨しているということです。また、近年テロ集団に加担する人々は、知的水準が高く、裕福な人が多いことも特徴的です。こうした変化に対応するためにも、テロを防ぐ手法をテロ組織以上にイノベーティブにやらなければいけない、テロが起きる原因や環境にアプローチする必要があります

特に近年はSNSなどのメディアを通じてテロ組織に流れてしまう若者が多いため、逆にテクノロジーやSNSを使って若者がテロ組織に加担するのを防げるかが重要になってきています。一つの対策事例として、テロ行為を推奨する動画を見た若者がそのまま誘導されたURLに飛ぼうとした際に、テロ組織に加わることへの現実的な危険性を現した動画に飛ばすURLに置き換える対策が現在行われているようです。

3. 平和構築における女性と日本人の役割

3.1 女性が和平調停に関わると紛争の再発が減少する!?

瀬谷さんは講義の終盤で、平和構築において女性の役割と日本人の役割は重要だと強調されました。

女性が主体的に関わった和平交渉では、その和平が15年以上続く割合が、男性のみの交渉と比べて35%上昇するそうです。なぜなら、紛争の被害の多くは女性や子どもだからです。被害者女性の心理や立場に立って和平交渉を結べるのは、やはり女性なのだと。だから数合わせのための女性参加ではなく、主体的な女性参加による和平交渉は成功する可能性が高いのだそうです。

3.2 日本人の役割

なぜ第3者の日本人が異国の地で平和構築に関わる必要があるのでしょうか?

現地の人にとってはテロや紛争は怖いけれど、それに対抗する欧米の空爆も同じぐらい恐ろしいと言います。一方で日本人は、大きな原爆の被害を2回も受けながら、戦後大きく復興し、70年以上も紛争や戦争のない平和を築いている。そうした日本の中立性や戦後復興の事例が、現地の人にとっては勇気づけ、貴重なケーススタディになるのでしょう。また、第3者だからこそ、利害関係なく客観的に「平和」を考えることができる。そこに日本人としての役割があります。

4. なぜ「戦争」とググるとリアルな写真が出てくるのに、「平和」とググるとハトのような抽象的な写真ばかりなのか

最後に瀬谷さんは非常に興味深い話をされました。それは「戦争」というキーワードでググると兵士や被害者などのリアルな写真が出てくるのに、「平和」とググるとハトのような抽象的な写真ばかりで具体性に欠ける写真ばかりが出てくると。

f:id:eternalsekai:20171222113134p:plain

f:id:eternalsekai:20171222113201p:plain

「平和構築」と言いながらも、平和に対する具体的なイメージがないということです。また、戦争や紛争はニュースになりますが、平和はニュースになりにくいと言います。

これでは平和のためのノウハウが蓄積されません。ある国がどのように平和になったのか、どう克服したのか、こうしたノウハウが広まってこそ、人々が平和に対する具体的なイメージを持つことができると言います。グーグルのような情報サイトや新聞・テレビなどのメディアを通じて、どのようにこうした平和のためのノウハウを発信していくか、今後ますます戦略が求められてくるでしょう。