茨城をなめたらいかんぜよ!1度は行ってもいい、福岡堰(つくばみらい市)の桜

既にFacebookの友人の投稿でも桜祭りとなっており、沢山の桜の写真がアップされていましたが、その多くが東京の桜。確かに東京の桜も綺麗ですが、地方の、しかも魅力度ランキング全国最下位の茨城の桜も気になりますよね(多分)。

茨城のつくばみらい市に福岡堰(ふくおかぜき)と呼ばれる場所があります。ちなみに堰(せき)とは河川などをせき止めて、水を貯めたり、計画的な分流を行ったりするものです。役割はダムと似ていますが、堤高(=堤体の高さ)が15m以上のものを「ダム」、15m以下のものを堰と呼ぶそうです。まあ、つまり堰とはミニダムということですね。

茨城のつくばみらい市にも福岡堰というミニダムがあり、そこが毎年桜の名スポットになっているという話を聞いて行ってきました。

f:id:eternalsekai:20180403092138j:plain

むっちゃ綺麗でした。。

福岡堰は約600本の桜が1.8kmにわたって延びていて、花見散歩を満喫できます。

f:id:eternalsekai:20180403092412j:plain

f:id:eternalsekai:20180403092754j:plain桜並木と小貝川から流れる用水のコラボが特徴的で美しいです。桜を見ながらカヌーもできる場所になっており、沢山の観光客がカヌーで川下りを楽しんでいました。綺麗な桜に囲まれての川下り、最高ですね。

f:id:eternalsekai:20180403092951j:plain

満開の桜。

f:id:eternalsekai:20180403093030j:plain

水面に浮かぶ桜の花びらもまた風情があります。

こんな景色を見ると一句詠んでみたくなりますね。

茨城へ 人も動かす 桜川

なんか、すみません笑

今年の桜はもう散り始めていますが、来年はぜひ、「1度は行ってみたい」というよりも「1度ぐらいは行ってもいい」という気持ちで福岡堰を訪れてみてはいかがでしょう。