電通流!アイデアを形にする4つのステップ【ユニセフ国際協力講座】

0. ユニセフ国際協力講座

ユニセフ国際協力講座毎年11月から翌年3月にかけて、日本ユニセフ協会主催の国際協力人材養成プログラムというものが開講されています。

これは国際協力について学びたい人や国際協力のキャリアを考えている学生、社会人を対象に、既に国際協力の現場で働いている講師を様々な機関から招いて講座を行うプログラムです。

今年は既に第17回を迎えています。

国際協力講座|国際協力人材養成プログラム|日本ユニセフ協会

第17回 国際協力講座の概要

講座の目的 : この講座は国際機関、NGO、政府援助機関などに於いて、 子どもの分野などで国際協力を担う人材を義務からではなく使命の立場から養成しようとすることを目的としています。

受講資格 : 国際協力に興味を持ち、国際機関やNGOなどでの活動を希望している大学生、大学院生、社会人。国籍は問いません。実用英語技能検定準1級・TOEIC730点以上・TOEFL-iBT79点以上に相当する英語力を有し、12回の講義に出席可能な方。

使用言語 : 日本語(英語による講義の回あり)

場所 : 公益財団法人 日本ユニセフ協会 ユニセフハウス

受講料 : 無料 (交通費自己負担)

募集人数 : 100名(応募多数の場合は抽選となります。)

修了証書 : 10回以上講義に出席し、レポートを提出した方には修了証書が授与されます。18:30までに受付を済ませた方のみが出席となりますのでご注意ください。

現在このプログラムに参加中ですので、講義のまとめや感想について当ブログでも紹介していきます。 

1. 第9回 ソーシャルデザインとコミュニケーション

国際協力講座の第9回目は電通の執行役員である並河 進さんを迎えて、ソーシャルデザインとコミュニケーションというテーマでお話を伺いました。

ソーシャルデザインとはどのような社会を築いていくかという計画を意味しますが、並河さんは電通の中でソーシャルデザインエンジンというCSRチームの代表をされており、そこで国際協力を含めた様々な社会貢献活動に取り組まれています。

今回は並河さんが実に様々なプロジェクトを進める中で、プロジェクトのアイデアを具体的に形にする方法を紹介してくださいました。

並河さんはプロジェクトを形にする中で、そこには4つのステップがあることに気づき、今自分はどのステップにいるのかを認識することが大切なのだとお話しされました。

2. アイデアを形にする4ステップ

フェーズ1 気づきを与える

最初の段階は周囲に気づきを与えること。周囲に問題意識を持ってもらうことです。

いかに興味を惹きつけるか、これまで関心を示さなかった人に関心を示してもらえるかが最初のステップになります。

この「気づき」を与えるための手段として、意外性をつく、という手法を紹介してくださいました。「xxxなのに○○○」のように、一見相反する言葉を組み合わせることで意外性を生み出し、興味を抱かせる手法です。この辺はさすがコピーライターだなと思います。例えば、トイレを綺麗に使用してもらうためのプロジェクトで、トイレ美術館というプロジェクトを行った事例を紹介されました。「トイレなのに美術館」というコンセプトが目を引き、多くの方がこのトイレ美術館を利用されたそうです。

www.shibukei.com

確かに、国際協力というとどこか真面目で硬い雰囲気があります。しかし、気づきを与えるために意外性をついた面白い発想が多くの人を巻き込むための最初の段階になるというのは貴重な学びです。

フェーズ2 良いシナリオと悪いシナリオを可視化する

2番目のステップは、課題解決の先に、どのような未来が待っているのかを良いシナリオと悪いシナリオを提示し可視化することです。

例えば、日本は少子化という社会課題があります。このまま課題が解決されないとどのような未来が待っているのか、あるいは課題が解決された先にはどのような未来が待っているのか、これらを可視化することで人々のアクションを促します。

「少子化問題が解決された後の未来」という良いシナリオを可視化して見せることで、理想の未来を創るために頑張ろうという気持ちを生み出させることができます。逆に言えば、どんなに良いことやろうと言っても、こうしたシナリオが可視化されていないと、具体的に何を目指しているのか、どのような社会を気づきたいのかイメージが湧かないということにもなります。

シナリオを可視化するためには様々な方法があります。絵本にしたり、小説にしたり、映像にしたり。課題の先にどういう未来が待っているのかを描くことが、人々の行動に火をつけるために有効な手段となります。

フェーズ3 楽しく、簡単に参加できる方法で具体的な行動を促す

3番目のステップは、より具体的に人々へ行動を促していきます。この時に大事なことは、なるべくわかりやすく、楽しく、簡単に参加できる方法から始めることです。

いくら社会の為になることでも、私たちは日々の生活の中であまり面倒なことはしたくないと思いがちです。だからこそ気軽に参加できるぐらいのレベル感が良いのです。

2008年10月15日から「世界手洗いの日」という国際的な記念日が設けられました。様々な病気を予防する手洗いの習慣を広めるために、ユニセフ協会は手洗いダンスというものを創り、世界中に広めました。


ユニセフ 世界手洗いダンス/Global Handwashing Dance /日本ユニセフ協会

このダンスは子供から大人まで楽しめますし、日本語ではなく擬音語を中心に作られているので世界中の子供が映像を見るだけで手洗いダンスができるという工夫がされています。このように楽しく、しかも簡単に参加できる方法が多くの人を巻き込むうえで重要になってきます。

フェーズ4 しくみを作る

最後のステップは継続的に活動していくためのしくみを作ることです。突発的にアイデアを思いついて、打ち上げ花火のようにイベントを興しても、その時は盛り上がるかもしれませんがそこには持続性がありません。人々を巻き込み、社会をよくするために継続的に活動するためにはプロジェクトを一つのしくみにしていくことが求められます。

具体的な例としてはクラウドファンディングが挙げられます。最初は小さなアイデア、小さなプロジェクトから始まったものでも、一般化し、より多くの人が参加できるようなしくみを作ること、つまり社会の合意形成を図ることで持続可能な社会問題解決プロセスになります。

3. 社会課題解決は民間の力が不可欠

国際協力や社会課題の解決は今や特定の援助機関や非営利機関の専売特許ではありません。特にSDGs発足以降、地球規模の課題を解決するために、ますます民間企業で培うスキルや経験が必要とされる時代になってきたと思います。特定の分野にこだわらない課題解決スキルは、これからの時代にどこにいっても重宝されるものです。どこで働いていたとしても、自分が社会に貢献できることを探し、貢献できる部分を磨いていくことが、結局は社会課題の解決に繋がるのなのだと学ばされました。