ビザ申請してきました!英国ビザ申請当日の流れ。財政証明必要なかった・・

昨日ついに東京新橋にあるビザ申請センターでビザ申請をしてきました!

肩の荷が降りた気がします。。

さて、せっかくビザ申請センターに行ってきたので当日の流れを紹介します。

 

2015 6/10(水)

7:30 

ビザセンターに到着するも8時以降でないと入れてもらえず、近くで時間をつぶす。

8:00 

ふたたびビザセンターへ。2名ほどすでに先客がいたのでそのあとに並ぶようにして待つ。一人一人中に呼ばれるのを並んで待ちます。ロックされたドア越しに「次の人どうぞ」の声がしたらいよいよ中へ。

中に入るとまず荷物検査とボディチェックを受けます。この時に携帯電話の電源はOFFにします。ちなみに僕は8:15の予約でしたが8:00の段階ですでになかに入れました。

ボディチェックを終えると次に受付です。パスポート、予約確認書と申請書を渡し、さらに有料サービスを現金で申し込むかどうかを尋ねられます。ちなみに僕は優先サービスに申し込みをしました。通常、ビザの結果が分かるのが3~4週間かかりますが、優先サービスだと3~5営業日以内に結果が分かります。これは渡航を間近に控えた人にとっては大変ありがたいシステムであり、英国政府にとっても大変ありがたい収入源だと思います笑。だって申請料23400円かかりましたから~!!

提出が終わるとさらに奥の部屋へ通されます。ここまでで大体15分ほどです。

 

8:15 

奥に入ると整理券機があるので整理券をもらいます。僕の場合、入った瞬間に「今入られた方こちらでいいですよ」と言われ、すぐ応対してもらえました。担当者さんは慣れている感じで淡々としていました。いよいよ必要物の提出です。

担当者「行き先の大学はhighly trusted sponsorの学校で間違いないですか?」

僕「あ、はい」

担当者「じゃあ、CASだけ提出でいいのでお願いします」

僕「へ?へ?あ、はい。あれ?でも財政証明とかは?」

担当者「highly trusted sponsorの学校なら日本は信頼されている国の一つですから特に財政証明や成績証明書の提出は必要なくCASだけで大丈夫です。ま、提出するのは自由ですがね」

そういうことかーーー!!!!

いろんなブログで書かれていたことってこのことだったんですね!ようやく合点がいきました。ちなみにhighly trusted sponsorに登録されているリストはこちらです。

この財政能力証明書取得するために自分はビザの申請を待って、しかもいろいろと煩雑な過程を経てきたのにいまさら。。ええい!こうなったら「じゃあ、せっかくですので出します!」と言って出してきました。特にプレセッショナルの場合、もしかしたら必要になるかもしれないので、手元にあるなら出しておこうと思いました。書類の提出が終わると優先サービスの支払いをここで行います。さようなら、23400円。

 

8:40    

すべて書類関係が終わると今度は指紋の採取です。別室に行き、指示されたとおりに指紋を取って終わり。これですべての申請が終わりです。終了時刻は8:50

 

まとめ

込み具合にもよりますが、スムーズにいけばビザ申請センターでの手続きは30分以内で終わります。そして当日必要のない書類も出てくるかと思いますが、無いよりはあった方が絶対良いので安心のためにも準備に越したことはないです。優先サービスに申し込んだので、結果は早くて6/12遅くても6/16までには出るようです!ドキドキです!