実は20のカレッジ・研究機関からなるイギリスのロンドン大学について

1. ロンドン大学とは?

イギリスの大学についてあまり知らない人に、「ロンドン大学を卒業した」と言ってもあまり疑問を持たれることはない。しかし、少しでもイギリスの大学について知っている人からすれば「それで、どちらのカレッジですか?」となる。

ロンドン大学は1836年に設立された、イギリスのラッセル・スクウェアに本部を置くカレッジ制の大学であり、各カレッジはそれぞれ独立して運営されている。つまり「ロンドン大学」という単体の大学が存在するわけではない。ロンドン大学というのは数あるカレッジの「連合」や「大学群」を意味するのだ。

先ほどそれぞれのカレッジは独自に運営されていると述べた。つまり、大学ごとに設立理念や教育方針も異なり、入学審査の基準も異なる。カレッジごとに研究実績や入学難易度、卒業後の進路状況も全く異なるため、「ロンドン大学群」に属しているとはいえ、各カレッジは全くの別ものなのだ。「ロンドン大学」と一口に言っても、その評価はカレッジごとに大きく異なるのである。

2. ロンドン大学の歴史

ロンドン大学の起源は19世紀中ごろまで遡る。現在では20もの研究機関で構成されているロンドン大学であるが、もともとはユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンとキングス・カレッジ・ロンドン両大学の学生に学位を授与する機関として設立された。

以降、ロンドン大学に所属する機関・カレッジは増えていった。当時から各カレッジは高い独立性を保っていたが、互いに無関心だったわけではない。時にはロンドン大学が連合軍として協力し合い、政府に対するロビー活動を行っていたと言われている。

ロンドン大学の共通理念は「人々のための大学」である。これはロンドン大学の中で最も古くに設立されたユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが、当時オックスフォード大学とケンブリッジ大学が白人や英国国教会の信徒のみに入学を許可していたことに対し、人種や宗教などに関わりなく開かれた大学として設立されたことに理由がある。

3. ロンドン大学間の連帯

ロンドン大学は各カレッジが独立しているとはいえ、学生はそれぞれの大学施設(図書館など)、大学生協、学生寮を相互利用することができるというメリットがある。

また、日本ではロンドン大学会という、各カレッジに所属していた同窓生が六本木のバーに集まってプチ同窓会を行うイベントがある。こちらは毎月第三金曜日に開催されており、参加者もロンドン大学の各カレッジの卒業生やこれから進学を考えている人達、またはイギリスの別の大学に所属していた人たちなど様々な人が参加している。

こういった点では、各カレッジが独立運営されているとはいえ、「ロンドン大学」という連帯感は強いと言えるだろう。

4. ロンドン大学を構成するのは20のカレッジ・研究機関

なんとロンドン大学を構成するカレッジ・研究機関は全部で20施設あると言われていっる。各機関の学生数とロンドン大学連合に加入した年は以下の通りだ。

 

大学名 (英語) 大学名 (日本語) 学生数 加入年
Birkbeck (BBK) バークベック・カレッジ 12,245 1920年
City, University of London (CUL) シティ 18,995 2016年
Central School of Speech and Drama (CSSD) セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ 910 2005年
Courtauld Institute of Art コートールド美術研究所 505 1931年
Goldsmiths College (GUL) ゴールドスミス・カレッジ 8,525 1904年
Heythrop College ヘイスロップ・カレッジ 560 1971年
Institute of Cancer Research (ICR) ロンドン大学癌研究所 275 1909年
Kings College London (KCL) キングス・カレッジ・ロンドン 28,900 1836年
London Business School (LBS) ロンドン・ビジネス・スクール 2,075 1996年
London School of Economics and Political Science (LSE) ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス 10,440 1900年
London School of Hygiene & Tropical Medicine (LSHTM) ロンドン衛生熱帯医学大学院 1,210 1905年
Queen Mary (QMUL)  クイーン・メアリー 21,187 1907年
Royal Academy of Music (RAM) 王立音楽アカデミー 760 1999年
Royal Holloway (RHUL) ロイヤル・ホロウェイ 9,985 1900年
Royal Veterinary College (RVC) 王立獣医大学 2,290 1949年
School of Oriental and African Studies (SOAS) 東洋アフリカ研究学院 6,070 1916年
School of Pharmacy ロンドン大学薬学校 1,385 1926年
St George's (SGUL) セント・ジョージ医学校 5,925 1900年
University College London (UCL)  ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン 37,135 1836年
University of London International Programmes   54,000 1858年

 

引用:ロンドン大学 - Wikipedia

 

それぞれの大学に独自の強みと特徴がある。

私が進学したUCL IOEについてはこちら。