Sekalog

世界の学びログ



画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
 

秋期のModule1つ変更しました

授業開講の1週間が過ぎました。

Planning for Education and Developmentを受講することに

秋季に受講するモジュールのうち、
Education and Development in Asiaのモジュールを変更することにしました。
一度授業に出てみたところ、Developmentの意味合いが自分の認識とは異なり、どちらかというとアジアの新興国や中国を対象にした地域研究という意味合いでした。
チューターからもDevelopmentにフォーカスしたいならこのモジュールは不向きだと言われ、急遽変更しました。

代わりに取るモジュールは春季で取る予定だった、
Planning for Education and Developmentというモジュールで主に開発途上国における教育政策について学びます。
プロジェクトの計画立案、実施(投資と成果)、モニタリングや評価などを現場実務経験者から学んでいき、最終的にはレポートとグループでのプレゼンによって評価されます。

リーディング多し

来年の4月にはフィールドに出て調査など実際に行うのでこのモジュールを先に聴いておくことでフィールドリサーチ事前準備がしやすくなるので、1回目の授業を受講しておらずキャッチアップするのは大変ですが、早めに決断して変更して正解だと思いました。

このモジュールでのリーディングリストは教科書などの理論的なテキストよりも、UNESCOやUNDPから発行されるモニタリングレポートなどが中心です。

いずれにせよ、量は多いです汗

 

f:id:eternalsekai:20171109095808j:plain