Sekalog

世界の学びログ

 

ルワンダのアカゲラ国立公園に行ったらもう動物園には行けなくなる

ルワンダの出張から帰る最後の週末に、ルワンダ北東部にあるアカゲラ国立公園(Akagera National Park)に行ってきました。キガリからおよそ車で2時間、タンザニアとの国境の一部を形成しており、緑豊かな自然に囲まれてマイナスイオンたっぷり浴びてきました。

Tips1 出発は早朝の5時

出発前にドライバー兼ガイドさんから「動物は朝に活発に活動し、昼になると暑さで日陰に隠れてしまうため、アカゲラを訪れる時にも朝7時には到着した方が良い。つまり朝5時には出発しよう」と言われ、眠たい目をこすりながら朝5時に出発しました。

アカゲラ(Akagera)という名称は、タンザニアの国境になっているカゲラ川(Kagera river)に由来しています。

ルワンダの観光で有名なのはゴリラツアーですが、ゴリラツアーは地元民でも1,500USDするという庶民には到底支払えないので諦め、比較的安価に行けるアカゲラ国立公園に行ってきました。(ちなみにゴリラツアーは高価なのに予約はいつも一杯だそうです。お金持ちっているもんですねぇ・・)

ルワンダの首都キガリはとても綺麗な町並みで発展しているので、アカゲラに向かう道中の自然はなんだかとても新鮮でした。ローカルな人たちがまだ日の出前の早朝にも関わらず、せっせと仕事をしているのを見て、「ああ、首都だけにいても現地の人の本当の暮らしぶりは理解できないな」と思わされました。

Tips2 食料は確保して行くべし

キガリから2時間ほどでアカゲラに到着しました。到着するとすぐにお洒落なエントランスが見えてきます。ここで、入園料を支払います。

f:id:eternalsekai:20190330034714j:plain

エントランスでは飲み物やサンドウィッチなども買うことはできます。ここで何かしら補給しておきましょう。園内に入ってしまうと食料を購入することはほとんど不可能です。しかしエントランスでの購入は通常よりも割高になるので、できれば到着する前にどこかで水と食べものを買ってから行くと良いでしょう。園内に入るとあとはひたすらドライブで、出口まで6~7時間以上かかります。体力勝負なので、水は多めに、食べ物もそれなりに準備しておくと安心です。

Tips3 BIG5に出会うことはなかなか難しい

お目当てはやはりBIG5!!

BIG5とはサファリ中で遭遇できたらラッキーと考えられている5大動物のことで、一般に ライオン、サイ、ヒョウ、バッファロー、ゾウを指します。アカゲラ国立公園はこのBIG5が生息しているので、運が良ければ遭遇できます。

ということで、いざ園内へ!

f:id:eternalsekai:20190330035006j:plain

10分ほどドライブすると車の窓から見えてきたのは、お猿さん!アカゲラの記念すべき第1種目の動物は猿でした。

f:id:eternalsekai:20190330035448j:plain

つづいて少し行った先にまたもや動物!

今度はインパラ(Impala)さんです。

f:id:eternalsekai:20190330035742j:plain

それにしてもイケメンである。しかしなんで一匹なんでしょう・・?

調べてみると、インパラさんは一頭のオスに複数のメスで群れを作って生活するようです。オスには特徴的な角を持ち、群れを持てないオスはオスだけの群れを作るそうなので、この1匹でいるインパラさんはメスの群れもオスの群れも作れない子だったのでしょうか・・

インパラは危険を感じると飛び跳ねながら走って逃げるのですが、その速さは時速60kmにも達し、ジャンプは高さ3mにもなるそうです。たまたまじゃれ合っているインパラさんを見ることができたのですが、確かに速い。


さらに進むとなんだかよく分からない動物のお尻が遠くの方にみえています。

f:id:eternalsekai:20190330041537j:plain

なんか見覚えあると思ったら、イボイノシシ(Warthog)のプンバですね!完全にライオンキングの世界で興奮しました笑

少し先にはアヌビスヒヒ(Olive Baboon)もいました。

f:id:eternalsekai:20190330042049j:plain

ウォーターバック(Waterbuck)も見えました。

f:id:eternalsekai:20190330042227j:plain

そしてしばらく進むと今度はシマウマ(Zebra)の群れ~感動です。

f:id:eternalsekai:20190330042454j:plain

そして、また大きなお尻が見えたのでプンバか!?と思ったのですが、なんとクロサイ(Black Rhino)でした!BIG5ですね!?結局こちらを見てくれなかったのでお尻しか撮れませんでした。。

f:id:eternalsekai:20190330043028j:plain

水牛(Buffalo)も観れました!こちらもBIG5!!

f:id:eternalsekai:20190330045708j:plain

しばらく進んでいくと、同じような動物ばかり見るようになり、最初の新鮮さがどんどん失われていきますね(笑)特にゼブラは沢山見かけたのでお腹いっぱいです。なんだ、ゼブラか、という感じ。

f:id:eternalsekai:20190330043413j:plain

ちなみにあまりにもシマウマを沢山見かけたので、シマウマについて少しググってみるとこんな悲しい記事が。シマウマさん、あなたオツム弱いのね。。

 今回最も感動したのは、キリンをみた瞬間でした。道中、ここがキリンスポットだよと言われていた場所に何もいなかったので、今回はキリン観れないのかと思っていましたが、出口に近いエリアで遭遇できました。やっぱり、大きいですね。

f:id:eternalsekai:20190330050027j:plain

あとは遠目からですがTopiという動物を見ました。ドライバーさん曰く、結構珍しいそうで、ドライバーも必死に写真を撮っていました笑。すぐ行ってしまったので撮影はうまくできずです。

f:id:eternalsekai:20190330050350j:plain


Tips4 ライオンが見れたら奇跡?

今回、残念だったのはゾウとライオンには遭遇できなかったことです。特にゾウはうんちまで発見したのに見かけることはできませんでした(にしてもゾウのうんちでっけえな・・)。

f:id:eternalsekai:20190330050859j:plain

ライオンもあわよくば見たかったのですが、この広大な敷地にたったの22頭しかいないそうなので、ライオンに遭遇したらそれはもうラッキー中のラッキーということでしょう。ドライバーもこれまでサファリには50回以上来たそうですが、ライオンを見かけたことはないそうです。恐るべし百獣の王。ただでは姿を見せてくれないらしい。

Tips5 一眼レフカメラを持って行こう

さて、沢山の動物に出会えるアカゲラ国立公園。できれば一眼レフなどの性能の良いカメラで動物たちをパシャパシャ撮影したいところです。今回はすべてIphoneでの撮影だったのですが、いろいろと限界を感じました。これを機に一眼レフを買うことを決めました。

ちなみに余談ではありますが、意外と動物の単語って知らなかったので、サファリって良い英語の勉強の機会になりますね。

しかし、本当にサファリに一度来てしまったら、日本の動物園には行けなくなりますね。。