Sekalog

世界の学びログ

日本で教育工学(EdTech)が学べる大学4選

コロナの影響もあって、最近わりに本気で社会人ドクターを考えるようになった。いや、以前からずっと興味はあったのだけど、仕事の忙しさや何をどう研究するかという入り口部分で曖昧さが残っていたので、具体的な準備を進めてきたわけではなかった。

ここ1-2カ月の間、今後の身の振り方についていろいろと思うところがあり、教育工学(EdTech)を自分の専門領域として追及していきたいこと、そしてやっぱり博士課程に進みたいという気持ちがあることを再確認した。

社会人博士については以前も記事にしたことがある。

教育工学分野を研究しようとした際に、まずは国内で同研究が可能な大学にについて調べてみることにした。以下、調べた大学は必ずしも博士課程を受け入れているわけではないが、教育工学分野を学べる(=専門の教授がいる)大学の中で特に気になる大学をまとめてみた。

九州大学大学院 人間環境学府

 

九大は受験生に事前に目を通しておくべき文献リストを用意していたりと、真面目に研究する学生に対しては後押ししてくれる雰囲気が感じられる。特に教育工学の分野では、山田先生が独自のウェブサイトで教育工学の概要、研究内容、プロジェクトなどを公開しており、小学生みたいな感想ですが、「楽しそうだな」と思う。

ただ、場所が九州なので、通学はまず無理だ。リモートでの研究をベースに、年に4,5回九州に行くぐらいで課程を終えられるのであれば大変ありがたいのだが、この辺は相談次第だろうか・・

東京工業大学 環境・社会理工学院 社会・人間科学コース 

 

東工大に教育工学が学べる研究室があることに少し驚いたが、九大が教育学を軸にしているのに対し、東工大は工学を軸にして教育へのアプローチを行うというところだろうか。東工大の研究室の概要や実施中のプロジェクト内容を調べてみた結果、すごく勝手な印象だが、工学分野の素地がないと結構ついていくの大変だと思った。

京都大学大学院 

教育研究科

www.educ.kyoto-u.ac.jp

京都大学の教育研究科には、教育におけるICT利活用について研究している研究者が充実している。特に高等教育に特化するのであれば、)高等教育研究開発推進センターで教育工学x高等教育における包括的で実践的な研究が行われている。

情報学研究科 社会情報学専攻

京都大学は教育学研究科以外でも京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻でも教育工学の研究をすることができる。

 

この研究科は「情報学」をベースにし、人々の「学び」や「教育」を支援するためのICT技術(データサイエンス、学習分析、インフォーマル学習)についての研究を行っている。

東京大学大学院 情報学環・学際情報学府

「情報学的視座からの文化・人間諸科学の再編」とあるように、京都大学の情報学研究科同様に情報学を軸に、教育分野へのアプローチを行う。修了生の学位論文(修論)のテーマを見てみると、割と社会学的なテーマで自由にテーマ設定しているんだなって印象。本研究科では私自身が関心を持っているEdutaimantやGamificationをテーマにした研究もしっかりやっているので、いろいろな情報・ネットワークがある東大もいいなあと考えている。