Sekalog

世界の学びログ

自己証明ではなく、自己成長を目指すことの大切さについて

元旦の次の日に読んだ『やる気が上がる8つのスイッチ』が思いのほかよかったので紹介したい。

やる気が上がる8つのスイッチ

やる気が上がる8つのスイッチ

 

著者のハイディ・グラント・ハルバーソン氏はモチベーション分野における第一人者でコロンビア大学で教鞭をとっている。

新年は多くの人が1年の目標を立てる。しかし、毎年目標を立てたは良いが立てた目標がなかなか達成できないという人もいるだろう。そんな人にとって、1時間ほどで読破できてしまう本書『やる気が上がる8つのスイッチ』は読んでみる価値がありそうだ。

本書の中で著者は下記の3つの軸をもとに人を8つのタイプに分け、モチベーションを維持するための最適な方法についてタイプ別に解説していく。

① マインドセットの軸=「証明」を目指すか「成長」を目指すか
② フォーカスの軸=得るものにフォーカスするか失うものにフォーカスするか
③ 自信の軸=自信が大きいか小さいか

8つのタイプは次の通りだ。
タイプ1 中二病(Teenager)
タイプ2 うざいやつ(Showoff)
タイプ3 臆病者(Neurotic)
タイプ4 退屈な人(Stick in the mud)
タイプ5 やる気の空回り(Eager Beaver)
タイプ6 まじめな見習い(Alert Apprentice)
タイプ7 新星(Star Who’s (almost)Born)
タイプ8 熟練の匠(The Expert in the Making)

たとえば「タイプ1 中二病」は自分の能力の証明に焦点を当て、エネルギーを注いでおり、称賛や報酬など、自分が得るものにフォーカスしている。しかしながらこのタイプは実際には実力が伴わず、自信も持ち合わせていない。だからこのタイプの人は、マインドセットを「証明マインド」から「成長マインド」へと切り替え、OJTなどの実践を通じて実力と自信を養うことでモチベーションを高めることができる。

その他のタイプも同様に解説しており、マインドセットをどのように変えていくかなどのアドバイスも得られるため、新年に立てた目標を達成していく上で幾分かの参考になるだろう。

 

と、ここまでは一般的なモチベーションを高めるためのHow to なのだが、私が本書を読んで「すごく大事なことを言っているな」と思ったのが冒頭に書かれていた「マインドセットの軸=「証明」を目指すか「成長」を目指すか」という部分だ。

このマインドセットの軸はこれだけで1冊の本になるほどシリアスなテーマではないだろうか。著者によれば証明マインドセットを持つ人は「すごい人と思われたい人」であり、成長マインドセットを持つ人は「すごい人になりたい人」である。証明マインドを持った人と成長マインドを持った人、一見同じことをしているように見えても長期的にみればその差がじわじわと出てくるのではないだろうか。内発的動機づけと外発的動機づけにも通じる話かもしれない。いわゆる人の評価がモチベーションになる証明マインドの持ち主は周りが評価してくれない環境では成長が止まる危険性がある。でも実はこれは本人の"せい"ではなく、学校なり、会社なり、その他の組織なりでの評価の仕方によって植え付けられてしまうマインドではないか、とも考えられる。

かく言う私も高校生ぐらいまでは証明マインドを強く抱いていたように思う。それが、大学受験を経て知的好奇心を搔き立てられたおかげで、周りの期待に応えたい気持ち以上に「自分が学びたい」という想いが強くなり、以降、誰に何を言われるまでもなく学び続けることが当たり前となった。

私は教育現場にいる人間ではないので、偉そうなことは何一つ言えないのだが、できるだけ若いうちに証明マインドから成長マインドへ切り替えることはその後の人生の伸びしろを左右するぐらいに重要ではないかと思う。

 

ところで今年の元旦は筑波山に初日の出を観に行った。大晦日の夜10時ぐらいには筑波山に到着し、そこから極寒の中での車中泊。かなり寒すぎて身体が痺れたし、雲も多くてはっきりとは見れなかったけど、雲の隙間からなんとか見えた日の出は美しかった。

2020、成長マインドを持ってがんばろう。

f:id:eternalsekai:20200106120535j:plain