Sekalog

世界の学びログ

 

GW河口湖車中泊の旅(道の駅なるさわでお泊り)

今年のGWは10連休ということで、「あぁどこも人でごった返すんだろうな」と思いつつ、連日ラジオやテレビで"10連休"を強調するもんだから、何となく"何かをしないといけない""どこかに行かないといけない"気持ちを煽られますよね。

しかしGWはホテルや旅館はどこも満室で料金も割高、海外となるとお隣韓国でさえ航空賃が4~5万以上するのでなんだか勿体ない気がしてしまう。

そこで行き着いたのが車中泊です。

今回は1泊2日で河口湖に行き、日中はのんびり温泉にでも入って車中泊する、というプランを妻と計画し行ってきました。

片道2時間の距離が4時間かかる。これがGWの洗礼か。

降り続いていた雨がようやく晴れた令和5月2日、早朝6時に家を出て河口湖方面へ向かいました。6時頃ならそれほど車も多くなく、恐らく8時前には到着すると思っていましたがそうはいきませんでした。皆さん同じことを考えるようで、河口湖方面へ向かう高速道路は超渋滞。結局河口湖へ着いたのは10時過ぎだったので4時間強かかりました。GW恐るべし。

しかし到着すると相変わらずの美しい富士山と河口湖の姿に一気に疲れが吹き飛びます。

f:id:eternalsekai:20190505065657j:plain

早速計画していた通り、大石公園付近で私はバス釣り、妻は絵画を始めることに。

富士山を前に釣りというとても贅沢な時間を過ごしましたが、1時間弱釣りをして全く反応が無かったのでお昼ご飯に行くことに。本当は8時から釣りする予定だったのですが渋滞で到着が遅れたため、僅かな時間しか釣りの時間が持てずに少し残念。また次の機会に再チャレンジです。

f:id:eternalsekai:20190505065824j:plain

やはり山梨県と言えば名物ほうとうでしょう!

お昼は山梨県の郷土料理、ほうとうを食べに「ほうとう不動」という有名なお店に行きます。時間は11:30頃だったにも関わらず、既に行列ができていました。でもスタッフが走り回って接客していたおかげで?回転が速く、20分ほど待って中に入れました。

f:id:eternalsekai:20190505070512j:plain

ほうとうに関する記事は以下をご参照あれ。

イベント盛りだくさんのオルゴールの森

お昼の後はオルゴールの森美術館へ

Google Mapの評価が4.2と高評価なだけあって、なかなか楽しめました。

雰囲気は箱根のガラスの森美術館に似ているかも?

f:id:eternalsekai:20190505070905j:plain

f:id:eternalsekai:20190505070937j:plain

オルゴールの森では様々なイベント(コンサート)が各時間ごとに開催されていて、そのコンサートに参加するだけでかなり満足できてしまいます。世界最大のダンスオルガン、オペラやタップダンス、動く砂の紙芝居など、盛りだくさんです。

個人的にはその中でもタップダンスがとても感動しました。タップダンスを生で観るのが初めてだったので、その凄さに圧倒されました。

コンサートだけでなく、館内には様々な楽器が置いてあったりして1日中楽しめます。

夕食は本格イタリアンレストラン「ラ ルーチェ (La Luce)」へ

夕食はうどん屋さんに行く予定だったのですが、お昼で店じまいということでしたので近くのイタリアンレストラン、ラ ルーチェへ。ここは人気店なので予約がないと外で待つことになります。20分ほど待ってからようやく中へ入りました。外観はとてもおされ。f:id:eternalsekai:20190505072457j:plain

パスタはすべて生パスタです(普通の麺に変更できます)。

この日はサラミのホワイトピザとズワイガニのパスタを頂くことに。

f:id:eternalsekai:20190505072732j:plain

味は少し濃いめでしたが、パスタもピザもとても美味しく頂きました。

たかの友梨プロデュースの日帰り温浴桜庵で旅の疲れを癒す

この日の最後はたかの友梨プロデュース温浴桜庵で日帰り入浴してきました。館内はアメニティが充実しており、休憩所もあるので心身の疲れをここで癒すことができます。

車中泊の聖地、道の駅なるさわ

さて、夕食を済ませ、お風呂にも入ったらいよいよ今回の旅のメインイベント?である車中泊です。事前に車中泊できるスポットをいくつかリサーチした結果、道の駅なるさわが一番良いとのことでそこで車中泊することに。

行ってみると沢山のキャンピングカーと乗用車が既に止まっていました。我々は車通りがあまり多くない第2駐車場に場所を確保し、休むことに。第1駐車場は車の出入りが激しいので第2駐車場がおススメです。朝晩はとても冷えるので、毛布など多めに持っていき、防寒できるようにした方が良いです。

朝3時に起き、富士山5合目からの令和元年の日の出を拝む

さて、今回車中泊に拘った理由の一つは富士山5合目から日の出を見たかったからです。この日は4:54が日の出の時間ということで、朝3時に起床し、道の駅なるさわを出発しました。五合目まではなるさわから富士山有料道路スバルラインを利用して45分くらいで到着します。スバルラインは3時から営業開始となります。

通行料金は以下の通りです。現金のみの支払いとなるので現金をお忘れなく。

f:id:eternalsekai:20190505074215j:plainhttp://subaruline.jp/eigyou/ryoukin.html

 5合目に到着すると富士山の頂上が目の前に。遠くで観る富士山とまた違った感じに見えますね。

f:id:eternalsekai:20190505074509j:plain

5合目に到着した時の感想、とにかく寒い!他の観光客も口々にに寒い寒いと言っていました。外気温0℃なんでそりゃ寒いでずね。日の出までの僅かな時間ですが、防寒はした方が良いです。特に手が結構冷たくなるので、手袋があった方が良いと思います。

そしていよいよ日の出を待ちます。

f:id:eternalsekai:20190505074838j:plain

f:id:eternalsekai:20190505074450j:plain

太陽ってこんなに早く昇るのですね。とても感動しました。令和になったばかりというのも相まって、なんだか気持ちが引き締まりました。決意新たに令和も頑張ります。

富士山の洞窟 天然記念物の富岳風穴・鳴沢氷穴

2日目は今開催中の芝桜まつりに行こうと計画していましたが、恐ろしいほどの渋滞だったので諦めました。そして向かったのは富士山の洞窟 天然記念物の富岳風穴・鳴沢氷穴です。最初に鳴沢氷穴から行きました。

f:id:eternalsekai:20190505081447j:plain

1150年以上前の貞観6年(864)富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流(青木ヶ原丸尾)が流れ下ってできたのがこの洞窟だそうです。洞窟の中はヒンヤリとしていて肌寒いです。気温0度なので少し厚着していった方が良いと思います。また、地面は濡れており、足場も悪いので動きやすい靴で行くのをお勧めします。ちょっとした冒険気分を味わえるので子供が楽しめる場所だと思います。

続いて氷穴から車で3分、徒歩15分で行ける場所にある富岳風穴へ向かいました。

f:id:eternalsekai:20190505082129j:plain

中に入ると幻想的な氷柱を見ることができます。夏でも溶けないのですから驚きです。

f:id:eternalsekai:20190505082410j:plain

風穴の目玉は何と言っても昭和初期まで使われていたという天然の冷蔵庫でしょう。この天然の冷蔵庫は主に蚕の卵の貯蔵に使用されていたそうです。

f:id:eternalsekai:20190505082421j:plain

f:id:eternalsekai:20190505082435j:plain

風穴を訪れた際に食べたいのが名物のとうもろこしソフトクリーム。コーンの味が濃厚でとても美味しいです。お値段360円

f:id:eternalsekai:20190505082716j:plain

旅の最後は富士眺望の湯ゆらりで富士山を眺めながら露天風呂

旅の最後は富士山が見える温泉「ゆらり」に行ってきました。

ここはお店の名前の通り、露天風呂や内風呂から富士山が良く見え、とても贅沢な気分を味わえます。お風呂も炭酸風呂や洞窟風呂など様々な種類があり、それぞれのお風呂を楽しめるだけでなく、お客さんが多くてもそれぞれのお風呂に分散されるようになっていて快適に過ごすことができます。

 

今回は富士山で始まって富士山に終わる旅でした。

自然に囲まれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。感謝満足。