Sekalog

世界の学びログ



画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
 

今年横浜で開催されるTICADⅦ(第7回アフリカ会議)とはどんな会議なのか

ご存知の方も多いかと思いますが、今年2019年8月(8/28-8/30)に第7回アフリカ開発会議(TICAD7)が横浜(パシフィコ横浜)で開催されます。

同会議は、かなり大きな会議なのでニュースなどで聞いたことがある人も多いでしょう。ですが私の周りに意外に知らない人も多く、一体なんだそれ?と聞かれることもあります。ということで、今回はTICADとはどんな会議なのか、簡単にご紹介したいと思います。

1. TICAD(アフリカ会議)開催の背景

まずTICADとは,Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり,文字通りアフリカの開発をテーマとする国際会議です。TICADは今年で7回目を迎えますが、1番最初のTICADは1993年に東京で開かれました。

本会議のイニシアティブは日本政府ですが、UNDPや世界銀行、アフリカ連合委員会(AUC)等、様々な国際機関と共同で開催しています。

第1回TICADにおいて、「アフリカ開発に関する東京宣言」が採択され、アフリカにおける政治経済の改革、民間セクター主導の経済開発、アフリカの開発・国際協力などを含む内容が宣言され、以降、アフリカの開発を促進する国際会議として継続的に開催されることとなりました。「アフリカ開発に関する東京宣言」を読めば、より具体的な背景が掴めるかと思います。

会議の開催の頻度は、1993年の第1回会議以降,2013年の第5回会議までは5年に一度開催され、2016年に開催された第6回会議以降は3年に一度の開催となりました。開催場所は第1~3回会議は東京、第4~5回会議は横浜、そして第6回会議はアフリカのケニアで開催され、今年の第7回会議はまた横浜で開催されます。

前回の第6回会議は、2016年8月27~28日にアフリカのケニア・ナイロビで開催されました。これは初めてのアフリカ開催であり,日本からは安倍晋三内閣総理大臣が出席し,ケニヤッタ・ケニア大統領(開催国),デビー・イトゥノ・チャド共和国大統領(AU議長)と共に共同議長を務めました。

次回TICAD7は,2019年8月28日~30日に横浜で開催されます。

2. 第5回アフリカ開発会議(TICAD V)から始まったABEイニシアティブプロジェクト

第5回目のTICAD開催時の大きな特徴の一つとして、ABEイニシアティブが開始されたことが挙げられます。ABEイニシアティブは「アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ(African Business Education Initiative for Youth)」の略です。このプログラムはTICADⅤ冒頭で安倍総理のスピーチによって発表されました(ABEは安部ではないのですが、忖度を感じます(笑))。このプログラムは、官民が一体となってアフリカにおける強固で持続可能な経済成長を支援する政策の一環として始められたもので、5年間で1000人のアフリカの若者に対し、日本の大学や大学院での教育及び日本企業でのインターンシップの機会を提供するプログラムです。

このプログラムをより具体的に取り組んでいるのがJICAです。JICAはABEイニシアティブを「修士課程およびインターンシップ」プログラムに落とし込み、優秀なアフリカの若者を日本の留学生として受け入れ、英語による修士課程教育と日本企業へのインターンシップ実習を提供しています。このプログラムを通じて、日本とアフリカの産業人材のネットワークが形成され、日本企業がアフリカにおいて経済活動を進める際の水先案内人として活躍する狙いがあります。このプログラムを通じて、既に1000名以上のアフリカの学生が日本で学んでいます。これは日本とアフリカ双方にとって非常に有益なプログラムだと思います。

3. TICADのサイドイベント

TICADのメインは日本とアフリカの閣僚級が一堂に会し、アフリカの開発をテーマにその課題や開発の方向性について話し合うことですが、一方で一般市民のレベルで参加できるサイドイベントが多く開催されます。

例えば一例ですが、『イノベーティブ・スタートアップ・ピッチングイベント』(UNDP主催)、パネルディスカッション『スタートアップが語るイノベーション大陸の魅力』(特許庁主催)『アフリカ進出時の渡航リスクマネジメントについて~医療と安全の観点から~』(インターナショナルSOS主催)、などが開催される予定です。

また、サイドイベントの「日本・アフリカビジネスフォーラム&EXPO」ジャパン・フェア(JETRO主催)では日本の企業やNGOなどの団体がブースに出展し、各企業の製品・技術等を紹介したり、それぞれの活動を広報したりもします。

この時期には公式イベント以外にもTICADを機にアフリカ関連の様々なイベントが多く開催されます。一種のお祭りですね。この機会に、これまであまりアフリカに関わりの無かった人たちが、アフリカへ関心を持ち、関りを持てる機会になったら素敵だなぁと思います。