Sekalog

世界の学びログ



画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
 

私が行って良かった世界の名スポット ベスト15(二十代篇)

私は20歳から海外に行くようになり、現時点で留学、旅行、ボランティア、仕事などを含め20カ国を訪問した。今年30歳になる今、改めて『訪れて良かった名スポット ベスト15(二十代篇)』を完全主観で公開したい。それでは、まず第15位から!

15位 百頭山(中国)神秘的な天池が幻想的

f:id:eternalsekai:20190114101606j:plain

中国と北朝鮮を跨ぐこの山には頂上に天池という泉のようなものがあります。 山の上に泉があるとはなんとも不思議ですが、幻想的で魅力的な場所です。

14位 プエルトガレラ(フィリピン)人はそこを地上の楽園と呼ぶ

プエルトガレラはマニラからおよそ4時間ほどで行くことができる、ミンドロ島にあるビーチです。

f:id:eternalsekai:20190114223608j:plain

13位 マラッカ(マレーシア)ザビエルが東アジア宣教に出発した地

オランダ領になってからイギリスにこの地が譲渡されるまで200年近くの歳月があったため、マラッカは特にオランダの影響を強く受けた跡が残っており、オランダの雰囲気を感じることができます。

f:id:eternalsekai:20190114221131j:plain

12位 プラーサート・ワット・プー(ラオス)パクセーの世界遺産

2001年にUNESCOの世界遺産に登録され、何もないパクセーの中でも唯一観光客を集めている場所でもあります。
俗に「ミニアンコールワット」とも呼ばれるこの遺跡は、広大な自然の中にあり、その自然の中にいるだけでも癒しと充足感が得られるにもかかわらず、遺跡によってその神秘性をも与えてくれる場所です。

f:id:eternalsekai:20190114224439j:plain

11位 カロスタ刑務所(ラトビア)お金を払って囚人体験ができる迷スポット

カロスタ刑務所は現在博物館として一般開放されており、さらに希望すれば1泊€15で独房に宿泊することができます。ちなみに市内の三ツ星ホテルのシングルは一泊€17くらいで泊まれますので、独房体験はかなり高額ですね。せっかくなのでそんな独房に泊まってきました。もう行きたくないですが、経験としては良かったです。

f:id:eternalsekai:20190114221344j:plain

10位 ベンメリア遺跡(カンボジア)ラピュタのモデルとなった場所

カンボジアにはアンコールワットだけでなく、その周辺にも多くの遺跡があります。カンボジアの遺跡群の中でも個人的に最もおすすめなのがジブリの「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われるこのベンメリア遺跡です! はっきり言ってマイナスイオン満載でその場にいるだけで癒されます。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/e/eternalsekai/20170723/20170723104743.jpg

9位 十字架の丘(リトアニア)五万体以上の十字架

現在でも十字架の丘は管轄が定まっていないため、誰でもこの場所を訪れ、そして十字架を建てることができます。そのため建てられる十字架は増え続け、現在では55,000以上の十字架が建てられているとされています。

f:id:eternalsekai:20190114221040j:plain

8位 マハーボディ寺院(インド)仏陀がブッダとなった場所

言わずと知れたブッダガヤの大菩提寺。ブッタガヤで最も有名な、仏教最大の聖地として知られています。このマハーボディ寺院それ自体がまさに仏陀が悟りを開いたそのままの場所とされています。ということは、俺もここで瞑想すれば悟りが開けるかも?

f:id:eternalsekai:20190114223018j:plain

7位 ニューハウン(デンマーク)コペンハーゲンを訪れた際に必ず行くべき場所

18世紀につくられたカラフルな建物が並ぶニューハウン(Nyhavn)は、童話作家で世界的に有名なアンデルセンも愛したというほどの美しい港町です。例え時間的に余裕がない場合も、ニューハウンだけは訪れてほしいぐらい、絵に描いたような名スポットです。

f:id:eternalsekai:20190114220844j:plain

6位 モンマルトル(フランス)行くなら旅の終わりで

パリの街を一望できるモンマルトル。完全に主観ですが、もし旅行に組み込むなら俄然旅の終わりに行くことをお勧めします。丘から見える美しいパリの街並み、そしてその美しい街並みを観ながら近くで演奏されている音楽を聴く。最高に贅沢なこの時間はこれまでの旅行を振り返り、「あぁパリ最高だった」と思わせてくれるのにぴったりな環境であり、まさに旅の集大成と言える場所になるからです。

f:id:eternalsekai:20190114220726j:plain

5位 コバラムビーチ(インド)インドで最も美しいビーチ

コバラムビーチはインドの最南端ケララ州の州都、トリバンドラムにあります。ケララ州はインドの中でも最高水準の教育と医療技術を誇り、安全な場所でもあります。ビーチで贅沢なバカンスを過ごしたいならコバラムビーチ最高級ホテルThe Leela Kovalamに泊まるのもありです。最高級と言っても時期や日によっては一泊2万円ほどで泊まることができます。

f:id:eternalsekai:20190114220326j:plain

4位 キガリ虐殺記念館(ルワンダ)ルワンダ大虐殺の歴史がそこにある

私のような第3者の外国人は博物館の説明書きを読みながら当時の状況や背景を"理解"しようと努める。しかし、実際にジェノサイドを経験した当事者にとっては、そこにある資料は理解のためのものではなく、彼らの記憶そのものとなる。当事者にとって、悲劇に意味を見出すことに意味があるのだろうかと考えてしまう。なぜならどんな意味を見出したとしても、そこにある事実は変わらないのだから。

f:id:eternalsekai:20190114222551j:plain

3位 カレル橋(チェコ) 橋から見える景色はヨーロッパで最も美しい場所と言われる

ヴルタヴァ川に架かるゴシック様式のこのカレル橋、その歴史は実に600年にも遡り、プラハ最古の橋として健在しています。15世紀初期のカレル4世の頃に完成しました。

f:id:eternalsekai:20190114221911j:plain

2位 ビッグベン(イギリス)名実ともに世界の大都市

ロンドンに留学し、ロンドンの街並みが大好きになりました。留学中はビッグベンまで自転車で15分の立地に住んでおり、今になってはなんと贅沢な場所に暮らしていたのだろうと常々感じています。ロンドンには名スポットが沢山ありますが、やはり私はビッグベンが一番好きです。荘厳で重みと伝統があり、それでいて洗練された建物のを観るだけで、不思議な気を感じる、私にとってのパワースポットでした。

f:id:eternalsekai:20190114220143j:plain

1位 アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所(ポーランド)世界史史上最大のホロコーストが行われた場所

アウシュビッツのような悲劇が起きてから、まだ1世紀も経っていません。
1世紀で「人間」という生き物は全く別の生き物に変わるということはない。

私たちは皆、どこかで当時剥きだされた暴力性を潜在的に持っているのではないのだろうか。そんな人間の暴力性に対する自覚と、それに立ち向かう勇気をもって生きていきたいと思わされました。

f:id:eternalsekai:20190114221600j:plain

 

30代もまた、旅を重ね、学び続ける人生でありたい。