Sekalog

世界の学びログ

『八日目の蝉』感想ー 親は選べない。ではどうするか?

『八日目の蝉』-角田光代

角田光代氏の『八日目の蝉』を読みました。『八日目の蝉』は不倫相手の子どもを誘拐し、3年半逃亡し続けた誘拐犯(希和子)と、誘拐後に実の母親(恵津子)の元に戻されたものの、大学生に成長し自らの人生に苦悩する娘(恵理菜)を描いた物語。

カルトっぽいエンジェルホームという施設にハマってしまう女性や、不倫相手を妊娠させた挙句、「奥さんとは別れるから」と真っ赤な嘘をつき、一切の責任を取ろうとしないダメ男が出てきたり、実の娘が戻ってきたときにすぐに受け入れられない母親など、実に様々な人間模様が出てきて非常に興味深い作品です。

いくつものテーマ、切り口で語れる小説だと思います。私はこの小説を読んで、誘拐された恵理菜(薫)の描写を通じて、選ぶことのできない親に対してどう生きていくべきかについて考えさせられました。希和子に誘拐されることも自分で選んだことではありませんし、恵津子の元へ戻った時に心のどこかで昔の暮らし(希和子の元)に戻りたいという気持ちがあっても、それを選択することはできません。こうした難しい中で、自らの人生をどう選択していくのか、非常に重要なテーマだと思います。

子どもを自分の延長戦上に置く親

『八日目の蝉』で出てくる誘拐犯(希和子)と母親(恵津子)。全く異なるタイプですが、二人には共通して、恵理菜(薫)を自分の延長線上におく身勝手さが読み取れます。

特に母親(恵津子)は、娘が誘拐犯(希和子)と同じように妻帯者の男性の子どもを身ごもってしまったことに対して「あなたまで私を苦しめたいの?どうして普通にできないの?」と言って半狂乱になります。娘の身体の心配もなければ、詳しい話を聞いて娘の気持ちを知ろうともしないわけです。自分だけが娘のことを一番わかっていると思いこみ、娘を支配しようとする、まさに「塔の上のラプンツェル」の母親、ゴーテルのように。

一方で逮捕される直前に、「その子はまだ、朝ごはん食べていないの」と自分よりも娘を心配する誘拐犯の希和子に対して母親の愛情を感じる人もいるかもしれません。ただ、希和子も希和子で誘拐した娘がこれからどうなっていくのか、娘の人生や未来については考えていないわけです。可愛いから愛したい。私が面倒をみないといけない。娘の立場を考えてはおらず、結局は独りよがりな愛でしかないのだと思います。

子どもを自分の人生の延長線上に置いてしまう親と言うのはとても多いですが、親の人生と子どもの人生は別物です。それは世代的な違いもありますが、やはり一人の個体として、違うものだと思います。そこに接点はあっても、生涯重なり合っていくわけではない、と親が自覚していく必要があるでしょう。そして、親は絶対的ではなく、子どもと一緒に成長していくものである、という気持ちを持つことが大切なのだと思います。

親を選ぶことのできない中でどう生きるか

この作品の中で一番切ないのはやはり誘拐された恵理菜(薫)の立場でしょう。希和子も恵津子も、自分で選んでそこにいたわけではありません。では、自分では選べない中で、子どもはどう生きていくべきなのか。

子どもと言うのは、親の期待にこたえたい、親を喜ばせたいと思うものです。それは人間が持つ「誰かの役に立ちたい」という自然的な気持ちの対象が、まずは親に向けられるからだと思います。この気持ちを、親は自らに向けさせたままではなく、友人や恋人や社会に向けさせていくことが一つの役割だと思いますが、それを子どもを思い通りに支配するために利用してしまう親もいるわけです。

こうした中で、子ども自身もある程度年齢を重ねたところで、親の人生と自分の人生は別物であるという認識が必要になってくるのだと思います。一つ屋根の下で、自立した親と自立した子の関係が築けるのであればそれは良いと思いますが、同じ家にいるとどうしても「支配する親」と「支配される子ども」で成立する共依存関係ができてしまう。だから、大学生か社会人になったタイミングで、やはりまずは一度親元を離れるのが良いのではないかと思います。

それから、親は選べませんが、親との関係をどうするかは自ら選択することができると思います。極端な話、毒親から離れるために海外に移住したり、関りを断つ、ということも一つの選択として考えられるわけです。0か100でなくても、ここぐらいまでは話すけどここからは話さない、という接し方も考えられます。血のつながりがある以上、冠婚葬祭や介護など、様々な点で家族と接しなくてはいけないこともありますが、そこでどうするのかというのも最終的には自分の選択になります。選択した以上は自分の責任ですが、「20歳を越えたら親との関り方を自ら選択することができる」と考えることは自分の気持ちを楽にすることでもあると思います。

八日目の蝉』が伝えたかったことから少し本筋から逸れているかもしれませんが、思ったところをつらつらと書いてみました。

 

八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

  • 作者:角田光代
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: Kindle版